FC2ブログ

土曜組の皆さん、お疲れ様!日曜組の皆さん、いってらっしゃい!

土曜組の皆さん、お疲れ様でした!
そして貴重な情報をありがとうございました。

おおむね、昨夏と同じ出題のされ方、つまり、「12問出題で、土曜日は奇数章から2問出題、そのうち1問が新傾向」、ということでしょうか。
まだ確証はありませんが、みなさんから頂いた問題情報でとりあえずはそう結論づけたいと思います。
(日曜組のみなさんに最後の「悪あがき」のお時間をなるべくたくさんつくるために急いでいます。)
その証拠となるみなさんから寄せられた問題を分析してみますと、
情報教育の「 リテラシー」「フルーエンシー」の問題、これは、テキストの第5章の最後のほうにある次の記述の部分が出題されたということですね。
4)情報フルーエンシー教育の重要性 ・ リテラシーからフルーエンシーへ - 表面的な利用能力(リテラシー)ではなく,原理や 本質の理解に基づく情報環境への適応力(フルーエ ンシー)を重視した教育が重要. -情報フルーエンシーは社会人の生きる力と直結. ・ フルーエンシー教育の実践 - 教師自身のフルーエンシーとともに実践のための データベースも重要.
また、環境教育の第1章の問題で、「図2 種々の環境事象のインターリンケージ」から出題されました。
さらに、ハイブリッドカーにかかわる問題は、最3章「エネルギーの有限性と変換の学習」からの出題ですね。
外国語活動で出た、「言語的知識・談話能力・社会言語能力・方略的能力」に関する問題も第5章からですね。

ということで現時点では、日曜組に課せられた最後の「悪あがき」は、選択した科目について
奇数章は、もうテキスト読まなくて過去問だけ見直す、
偶数章は、過去問+新傾向の問題が1門出題されるので図とかも含めて、テキストを一通り読み直しておく。


ということでよろしいでしょうか?
*例外的に、1問出題の章でも新傾向の問題あり、という情報が寄せられています!ってこれ昨夏もありましたね。(21:34更新)

もっとも、合格ラインC判定は、60%の得点率ですので、新傾向の問題を全部はずしてもOKということです。いくらなんでも4問全部間違うことはないでしょうけどね。

それから、相変わらず外語語活動では性懲りもなく、変な選択問題が出題されたようです。これも要注意ですね。

さて、
日曜組の皆さん!
土曜日組の貴重な情報とアドバイスを胸に、
いよいよ、明日、たたかいの時がやってきました!

皆さんも必ず合格します!
不合格など、おてんとうさまが許しても、このドジさんは許しません。


土曜組もついてます!
がんばって!

いってらっしゃい!!
スポンサーサイト



プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ