FC2ブログ

学校経営(2)

問2
ここも4つの問題の使い回し。出題可能性の高い順に並べてみます。

予想問題1 次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
① 教育課程は,各学校において編成し、法令並びに学習指導要領に従う必要がある。
② 教育課程は,国が編成するもので,学習指導要領の改訂がその具体的な取組とされる。
③ 教育課程は,教育の内容を児童の心身の発達に応じて総合的に組織した学校の教育計画である。
④ 教育課程の語源は」「走るコース」で、学習者がゴールに向かってたどるコース,及び,その課程における活動,学習経験の総体を意味する。


予想問題2 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
①学校の経営戦略とは、刻一刻と変化する社会情勢に対応するために、学校組織の資源配分を総合的に見定めることである。
②学校の経営戦略とは、学校の教育計画や経営計画などを策定して、学校マネジメントに方向性を与える羅針盤のようなものである。
③学校の経営戦略とは,教育委員会と教職員組合が、個々に作成した、教育財政、人事、勤務条件の改善、職場環境の整備などの方針をすり合わせてつくるものである。
④学校の経営戦略とは,学校の教育目標の達成に向けて、教職員の配置や必要な教材・教具の整備、予算の確保などを図る手立てである。

予想問題3 次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
① カリキュラム・マネジメントとは,カリキュラムを編成・実施・評価し,改善をはかる一連のサイクルを計画的・組織的に推進していく手法である。
② カリキュラム・マネジメントとは,指導計画と授業の結びつきをはかることで、授業を教師の個人的な営みから,学校としての組織的な営みにしていくことである。
③ カリキュラム・マネジメントとは,授業の計画・実践・評価で、指導計画の作成と単元のチェックをする校内における取組を促すものである。
④ カリキュラム・マネジメントとは,教授・学習過程と経営管理過程を,また,教育内容系列と条件整備系列とをそれぞれ分離・独立させて運用を図る営みである。


予想問題4 1974年に提唱された「学校を基盤にしたカリキュラム開発( School-Based Curriculum Development : SBCD)」について,次の①~④のうちから,正しいものを一つ選べ。
① 教育課程の編成における国の指導の強化を提言。
② 教育課程の編成における保護者参画の保障を提言。
③ 教育課程の編成における学校裁量の重視を提言。
④ 教育課程の編成における教科書会社の意向尊重を提言。



解答
予想問題1 ②
予想問題2 ③
予想問題3 ④
予想問題4 ③

スポンサーサイト



学校経営(1)

この「学校経営」は、当初、放送大学の教員免許状更新講習の選択科目の中でも一番難しい科目として悪名を馳せていました。その理由としては、そもそも講義内容が興味を引かない→頭に入って来ないということもありましたが、問題自体もややこしく、おまけに問題が毎回違い、使い回されないので対策が立てられないこと、などがありました。おそらく他の選択科目に不合格者がほとんど出ないのに対して、「学校経営」が不合格になった受講者の数は抜きん出ていたのではないか、と思われます。これは憶測ですが、これが放送大学内部でも問題になって、問題の易化が図られたのではないでしょうか。常識の範囲で解ける問題になってきました。おまけにここ2年くらいで問題の使い回しモードになり、対策も立てやすくなりました。
うっかり間違ってこの科目を選んだ受講者のみなさん、そういうわけですのでご安心を。
新傾向の問題が出されないことをお祈りします。

問1
この問の予想、昨夏はまったく裏をかかれてしまいました。前年度冬期に出題された「協働とは」(誤四択)「校長の専門職基準」(誤四択)がまた出題されたのです。こうなると出題ローテーションが読めませんから、出題可能性のある4種類の問題を予想問題として提示するしかありません。

予想問題1 組織しての学校について,次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
①組織は,目標,コミュニケーション,協働意欲などの要素で成立している。
②学校組織は,教授・学習組織,運営組織,学校事務組織,研修組織から成り立つ。
③校務分掌とは,年間行事計画,指導計画,学習指導案などの別称である。
④学校の組織は,教師それぞれが自ら判断する余地を残した組織である。

予想問題2  学校教育法が定める小学校の職員の規定について,次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
① 校長は,校務をつかさどり,所属職員を監督する。
② 教諭は,児童の教育を管理する。
③ 養護教諭は,児童の養護をつかさどる。
④ 事務職員は,事務に従事する。


予想問題3 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
① 協働とは、つながりを求め、相互の関係を成り立たせようとする意思や意欲が前提となる。
②協働は、教師それぞれが持つ固有の専門性の発揮を阻害するので、お互いに無視し合うことが大切である。
③協働とは,同じ目標の元に、その実現に向けてお互いにかかわりを深めながら行動することで、チームワークとよばれる。
④協働のある職場をつくりだすことも、校長のリーダーシップによるマネジメントのひとつであり、それを中堅層の教師が支えることが重要である。


予想問題4 次の①~④のうちから,誤っているものを一つ選べ。
① 校長の専門職基準とは,学校の組織運営に責任のある校長の社会的に認められた基準および規範のことをいう。
② 校長の専門職基準には,学校経営へのビジョン合意形成とその具体化、ならびに倫理規範とリーダーシップなどがあげられる。
③ 校長に必要な力量として示されのが校長の専門職基準であり,校長の免許制度確立の取り組みが現在進行中である。
④ 校長の専門職基準は,校長職を専門職として確立しようとする願いが源となっている。


解答
予想問題1 ③
予想問題2 ②
予想問題3 ②
予想問題4 ③

小学校外国語活動(8)

問8
規則性があると踏んだこの章の昨夏の予想問題、見事にはずしました。この章の出題傾向にもう規則性はなく、ランダムでの出題と判断すべきなのでしょうか。どっちにしても使い回されるのは4つの問題ですから、それを今期出題可能性が高いと思われる順に並べて対策に代えます。そのほうが受講者には親切ですよね。

予想問題1 外国語でのコミュニケーションの楽しさを体験する指導法として、次の中から適切でないものを一つ選べ。
①ジェスチャーなどの非言語のコミュニケーションの手段を工夫して指導する。
②説明の時間はなるべく短縮し、児童の活動を中心に進める指導プランを作る。
③ゲームに慣れてきたら、児童が先生の代役となり児童が活動する状況を作り出す。
④中学とのつながりを意識し、できるだけ正しい表現でコミュニケーションを図るように指導する。


予想問題2 小学校外国語活動の指導体制作りとして、次の中から適切でないものを一つ選べ。
①指導者研修や多様な指導者の採用により指導体制を充実させることが大切である。
②各学校のこれまでの取り組みを基に,継続的な教育が可能な校内体制を整備する。
③これまでの小学校3・4年生の「総合的な学習の時間」での国際理解教育としての外国語活動は止め、校内体制を整備し直す。
④学校内における英語活動の指導体制を作るとともに、その内容を保護者へ十分説明する。


予想問題3 小学校外国語活動を成功させる体制作りとして,適当でないものを一つ選べ。
① ALTの採用や,外国語に堪能な地域の人材を使い,指導体制を充実させること。
② すべての学校が一律に同じ条件でゼロからのスタートラインに立つこと。
③ 保護者の理解を得るため,保護者への説明を十分に行っておくこと。
④ 「外国語活動」の教育目標に照らし継続的な教育改善が可能な校内体制を整備すること。

予想問題4 次の小学校学習指導要領・「総合的な学習の時間」の一節の途中に入る正しい語句の組み合わせを下から一つ選べ。
(5) 学習活動については,学校の実態に応じて,例えば国際理解,情報,環境,福祉・健康などの(ア) な課題についての学習活動,児童の興味・関心に基づく課題についての学習活動,地域の人々の暮らし,伝統と文化など地域や学校の特色に応じた課題についての学習活動などを行うこと。
(7) 各教科,道徳,外国語活動及び特別活動の目標及び内容との違いに留意しつつ,第1の目標並びに第2の各学校において定める目標及び内容を踏まえた(イ) を行うこと。

①(ア)身近で普遍的(イ)適切な学習活動
②(ア)身近で普遍的(イ)均質な学習活動
③(ア)横断的・総合的(イ)均質な学習活動
⑤(ア)横断的・総合的(イ)適切な学習活動


解答
予想問題1 ④
予想問題2 ③
予想問題3 ②
予想問題4 ④

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ