FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(4)

問4
日本語もあやしいこの講師、夏期の出題でも物議をかもしだしました。いえ、問題は簡単なのですがその日本語の表現のしかたが・・・
出題はこれまでとガラッと変えてきて、「 現代日本の子どもの特徴」「現代社会の教育への影響」
いずれも誤四択で次の選択肢が○か×かわかればOK。
「保育所の待機児童に見られるように乳幼児の人数が増えている。」
「少子化は子どもの価値を失わせ,そのため子どもを大切にしなくなる。」

もちろん、両方×。
今期の出題傾向は・・・・・読めません。そういう講師なのです。
新傾向の問題が続く可能性もありますが、使い回しの問題ですと久々に「素朴理論(誤四択)」がくるかも。
それから「子どもの運動能力低下の要因(誤四択)」、「幼児教育から小学校教育への連携・接続(誤四択)」も。
これらの誤四択の正解選択肢は次の3つ。
「素朴理論は大人になれば,学校教育の成果として克服されるものである。」
「学校の体育の時間が減ったために,運動する機会がなくなった。」
「幼児教育では遊びを中心としていて,小学校の学習活動の用意がないので,もっと学習活動を早期から始めるべきである。」

もうひとつ出題可能性のある「経済格差が学習に及ぼす可能性(正四択)」の正解選択肢は、
「 相対的貧困率は所得の中央値の50%で定義できるが,それ以下の世帯の子どもはかなりの実数が存在する。」




スポンサーサイト



教育の最新事情・傾向と対策(3)

問3
夏期は、それぞれ問題は違いますが両方とも「教職の専門性」(誤四択)が出題されました。
この出題パターンで今期の出題を大胆に予測すると、
「教師の資質能力」「校内研修」になります。
「教師の資質能力」の問題は、教師の持つべき「資質能力」の側面として、次が正しいかどうかがわかればOKです。
「完全無欠の人間性」
ありえねぇー!というわけで当然×。
「校内研修」の問題は、次の選択肢が間違っていると答えられればOK.
「学校職場の多忙化のなかでは,校内研修を削ってもやむをえない。」
みなさんの本音は必ずしも正解ではありませんからね。お気をつけて。
それから、万が一、しつこく「教職の専門性」の問題が出たら、次の3つの選択肢がどれも間違いだと気がつけばOK。
「 教職専門性に関する世界の論議は,教育行為にどれだけの専門的知識技能を用いるかという教師の〈役割〉問題から、教職がどれだけ専門職として認められるかという〈地位〉問題へとその対象を移してきた。」
「教職専門性は,教員採用試験に合格すればそれで十分に保持されている。」
「 教職専門性は大学の教職課程で習得する知識・技術で十分に身に付く。」


教育の最新事情・傾向と対策(2)

問2
夏期は
(土)「公立義務教育学校の教員給与」(誤四択) 
(日)「人格的リーダーシップ」と「制度的リーダーシップ」(空欄補充・4箇所組合せ)
でしたので、今までの出題傾向から言うと、
教師「聖職者論」・「労働者論」と「人物論」「職業論」「教育行為論」でほぼ決まりだと思われます。
「聖職者論」・「労働者論」の空所補充問題は、テキストも読まず、受講をしなくてもできる超簡単な問題なので心配ありません。
「人物論」「職業論」「教育行為論」は、次が「人物論」を表したものかどうかがわかればOKです。
『ILO・ユスコ『教員の地位に関する勧告』(1966)
もちろん、答えは×。
穴として、めったに出ない「少年漫画に描かれた教師像」
の問題が出たら、次のどちらが正しいかわかればOKです。
① 少年漫画も大人が描いた作品であるから,その中に子どもたちの教師に対する願望や憧れを読み取れない。
② 少年漫画に登場する教師の姿に,現在の社会が教師に対して抱く批判を読み取れる。

答えは、②。

教育の最新事情・傾向と対策(1)

「教育の最新事情」の傾向と対策は、
下記に
にほぼすべて出揃っておりますので、ひとまずそれをご覧ください。
夏期・教育の最新事情・傾向と対策
ここでは、夏期の修了認定試験の傾向から冬期の対策を考えてみたいと思います。
問1
夏期の問題は土・日ともに「現在の日本の教育」について。
試験問題はほぼ同じ内容の正四択問題。
したがって、冬期は、残り2つのパターンで「学びの専門家としての教師」「教師の専門性」の問題が出る確率が大。
「学びの専門家」の問題は、誤四択で、「 IT機材等のメディアの変化を学ぶ特定の専門家の養成が求められている」を選べばOK。
「教師の専門性」の問題は正四択で、「 教師の適応的な熟達とは,授業において状況に敏感に応じて判断し行動できることである」を選べばOK。
万が一またしつこく「現在の日本の教育」が出れば、
正四択問題では、「 知識基盤社会においては,教える内容についての知識の高度化が教師に求められている」を選べばよいし、
誤四択問題では、「近代化を進めている現在の日本では、基礎基本の指導を徹底し,児童生徒の知識量の拡大が求められてきている」を選べばOK。
第1章・問1はThat's allです。

あと一週間!気楽に行こう!あなたはひとりではない!

この間、たくさんの方と「腹心の友」(この言葉、もう古いですが)になりました。
正規教員として働いている現役ばかりでなく、産休・育休真っ只中だったり、非常勤講師として採用されるために更新が必要だったり、相変わらず一人ひとり様々な事情をかかえての免許更新です。改めてほんと罪深い制度だと思います。でも、修了認定試験を1週間後に控え、そんなことは言ってはいられないのも現実ですよね。
 腹心の友キャンペーンは継続しつつ、今期も「八卦」予想問題をつくってみようかな、と今更ながらではありますが、思い立ちました。ギリギリ間に合うか間に合わないか・・・(すみません。野暮用が多く、なかなかいつものようにブログ更新と伴走ができなくて)
もっとも「腹心の友」のみなさんは、すでに、私の予想などなくても勝手に予想できちゃいますからね。たいした役には立てません。ですから期待しないで待っててくださいな。
それから、もし試験勉強をしていて疑問点が出てきたら、コメント欄に投稿してみてください。管理人がわからなければ、他の受講生が応答してくれるはずです。
あなたは一人ではない!
力を抜いて、「適当に」頑張ってください。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ