FC2ブログ

日曜組 おかえりなさい! みなさん、お疲れ様でした!

日曜組のみなさん、
お帰りなさい!
そして、2014年度冬期放送大学教員免許更新講習の受講生のみなさん、
本当に、お疲れ様でした!

3週間という短期決戦、それぞれの事情をかかえ、
悩んだり、焦ったり、、開き直ったり、と何よりも精神的に大変だったろうとお察し致します。

みなさんから、身に余るようなお言葉をたくさん頂きました。
ありがとうございます。

ただ、つねづね思うんですが、
別にこのブログサイトに辿りつかなくとも
みなさんはきっと普通に試験をこなし、普通に合格できていると思うのです。
ぶっちゃけ、極端な話、テキストを読まず、視聴もすっ飛ばして修了認定試験だけを受験しても、常識の範囲で、合格ラインの点は取れちゃうのだろうと思います。

それでも、このブログの存在価値があるとしたら、それは、
「気休め」です。
教員免許の更新対象者は、たいがい、みな真面目でチキンな人が多いのです。
合格するとわかっていても、落ちたらどうしよう、と夜も眠れなくなってしまう、
そういう愛すべきキャラの人が多いのです。
逆に言えば、そういうキャラだから教員が務まるのです。

そういう愛すべきチキンな人たちには「気休め」というものが絶対必要です。
そうです。
このブログはそういう「気休め」を提供する場なのです。

過去問を解いて安心し、こんなことしているのは自分だけじゃあないんだと
全国の仲間がいることに安心し、「気休め」を得るのです。

ときどき、このブログで、みずしらずの人たちが励ましあう姿に
感激したりします。
ネットの世界は血が通わない乾いた世界で、
言ったもの勝ちの無責任空間であると思われがちですが、
それとは真逆な場を創り出すこともできるのだな、と教えられ
なんか、心の中に温かいものがわいてきます。

その温かいものを「希望」と呼んでもいいのかもしれません。
そういう小さな希望をひとつひとつ紡ぎだすことで、
わたしたちは、また普段の忙しい教育の場へ飛び出していく
勇気をあたえられるのです。

「気休め」から生まれる「希望」
こういうものを大事にしていきたい、
そう思います。

問題がネット公開されたら、
「自己採点大会」を開催する予定です。
自己採点する「勇気」のある方は、
その頃またこのブログを覗いてみてくださいな。

それでは
2014年度 冬期放送大学教員免許更新講習に参加されたみなさん、
ご苦労様でした。
10年後はもうこんな理不尽は制度がなくなり、
このブログが閉鎖されていることを心から願っています。
お身体に気をつけて

あなたはこれからもひとりではない!

管理人・ドジ






スポンサーサイト



とりあえず土曜日認定試験の振り返り

改めて土曜日組のみなさん
お疲れ様でした。
今、日曜組は、修了認定試験の真っ最中。
間もなく、「速報」が届くかもしれない時間です。

さて、今期の認定試験・土曜日バージョンを簡単に総括してみますね。
まず選択科目はどの科目も、ほぼ過去問からの出題で、予想もほぼ当たり。
特に目新しい問題傾向はなかったかと思います。
ヤレヤレです。

問題は、教育の最新事情。
みなさんからの情報を継ぎ接ぎして、問題を再現してみました。
まだ完成形ではありませんが、概括ができる程度にはまとまりました。
それによると、15問中8問は、テキストのリニューアルに合わせたいわゆる「新傾向」の問題となっていました。
これが、昨日、問題用紙に向かわれたみなさんを一瞬あわてさせた原因となっています。
過去の出題と全く同じ問題は1問(問1)で、あとの数問は過去問を少し変えた同傾向の問題でした。
特に気になるのが、「新傾向」といってもテキストの中にそれにかかわる具体的記述が見当たらない問題が2つあることです。(問9と問15)( ←ほんとはテキストにも記述があって管理人が見落としているだけ?)
視聴をしていない管理人としては、???という感じでした。
こういう問題が増えることは受験者としては歓迎しません。
しかしながら、どの問題もよーく読むと、誤四択にしても正四択にしても、テキストに触れられていない問題にしても、常識を少し働かせれば容易に正解選択肢が導ける問題ではなかったでしょうか。
たとえば問15にしても、「みんな修士」とうのは日本のこと考えればすぐに間違いとわかりますから。
典型的なのは問11で、これまでの迷いやすい選択肢を「のみ」という限定することばを付け加えることでわかりやすくしてあります。この講師、反省したんでしょうね。
一応、正答例を挙げておきましたが、みなさんの結果はいかがでしたか?
7問正解できれば合格ですから。
早く安心してくださいね。

教育の最新事情・土曜日出題問題を再現(4)

問13 次の文の中で正しいものを選びなさい。
①地方公共団体にはいじめ防止基本方針をたてる義務があるが、学校にはない。
②学校の教員には「教育の自由」が広く保障されており、自主教材の活用が極めて高い教育効果を有していることが認められる場合は、主たる教材として積極的に利用することが認められている。
③公立、私立を問わず、教師はこどものロールモデルであるから高いコンプライアンス意識が求められる。
④学校の教員は,自らが有する教育理念に立脚して教育実践に携わる「教育の自由」を広く有しており,学習指導要領その他の教育法規に拘束されるわけではないとするのが最高裁判所の立場である。


正解 3

問14 危機管理について、適切でないものを選びなさい。
① 危機管理には、管理職だけでなく教員全員がかかわるべきである
② 複数の教員が不在の時でも対応できるようにする
③ 危険発生時は教育委員会の指示をまって対応する
④ 危険発生時のそれぞれの教員の役割と責任を明確にする


正解 3

問15 PISA・TIMSSなどの「国際比較学力調査」において両方で上位に入っている日本など5カ国に共通することで、適切でないものを選びなさい。
① 受験戦争が加熱していて、学校外の塾などの学習が盛ん。
②系統的な学習と完全習得学習を重視している。
③教員がみな修士レベルである。
④TIMSSとPISAも違う学力を測っているとは,あながち言えない


正解 3

ここはテキストに書かれていないことが出題されたんですね。ふぅー
ところで④の選択肢は、問いに対する答えになっていないんですが??



コメントいただいた方々の記憶をつなぎ合わせて再現してみました。
皆さんの記憶力のハンパなさに驚かされます。
「再現に何の意味がある?」と聞かれそうですが、
朝、日曜組の目に触れれば少しは役に立つかもしれないし、
次期の「過去問もどき」としてブログ上に堂々と貼れるというのがいい。
まあ、管理人の趣味もありますが・・・
とはいえまだまだ、選択肢等、不完全な部分もあります。
記憶がよみがえった方は、修正してくださいね。



教育の最新事情・土曜日出題問題を再現(3)

問9 教えることと考えさせるとことのバランスの取れた授業を考えたとき、適切でないものを選びなさい。
①すべての手順を教えた後に、グループで問題を解かすと学習意欲が向上する。 
②予習はさせず、授業で自己解決をさせる。
③基本を教えた後でも、誤解しそうな問題を解かせる。
④計算の方法を教えた後、計算の意味を丁寧に説明する。


正解 2

問10次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①子どもの教育や保育をつかさどりながら,他の教職員に必要な指導および助言を行う学校職員として,指導教諭が法規に定められた。 
②中高一貫教育の形態としては、施設一体型、併設型、連携型の3パターンがある
③学校内に学校評議委員会を置く学校が増えており、それらをコミュニティスクールという。
④学校のリーダーシップとは、管理職が教員を掌握する力である。


正解 3

問11 講義で取り上げた同僚性の構築について,次の①~④のうちから,もっとも適切なものを一つ選べ。
①同僚性の構築は,学校全体の方針の共有や授業研究によっても促進される。
② 同僚性の構築は,日頃からの会話や懇親会によってのみ促進される。
③ 同僚性の構築は,同僚相互の関係によるので,管理職のあり方とは関係がうすい。
④ 同僚性の構築は,人間関係に関することなので,教科教育とは関係がない。



正解 1

問12 地域人材を活用する利点として、適切でないものを選びなさい。

① 塾・教育産業の学校への参入が、学力向上に役立つから。
② 教育活動の幅が広がるから。
③ 教員にゆとりがうまれ、子どもと向き合う時間が増えるから。
④ 学校の教育力を高められるから。


正解 1

教育の最新事情・土曜日出題問題を再現(2)

問5 学校教育と子どもの集団生活にかかわって適切でないものを選びなさい。
① 学校教育の特質は、子どもたちを社会化していく集団生活にある。
② 社会化とは、他者との関係を通して集団の価値・規範・行動様式を習得する過程をいう。
③ 集団指導とは問題を起こした生徒や起こしそうな生徒を集めて指導することである。
④ 個別指導とは個々の児童・生徒を対象とした指導である。

  

正解 3

問6 「教育相談」において留意することとして適切でないものを選びなさい。
①共感とは、話をきいて同情することである。
②受容とは評価せずにひとまずしっかりと受け止めることである。
③受容とは、間違った言動もすべて受け入れることではない。
④完全に共感することは難しいが、共感できるように努力することが必要である。
  


この問題、受講者さんからもご指摘がありましたが、どれが正解なのかいまいちわかりません。 選択肢の記述が正しければの話ですが。 
①は正確には、「共感とは,相手の立場や気持ちをそのままに感じることであり,言語レベルに加えて,心情レベルまで正確に受け取る作業である。」とテキストにありますから、「同情」は?となります。
また、②と③は相反する内容のことを言っているような、言っていないような・・・。
選択肢がどうだったかも含めて皆さんのご意見をお伺いしたいところです。


正解1?3?

   
問7 特別支援教育の「学校支援体制として適切でないものを選びなさい。
①特別支援教育コーディネータの役割は、1.特別支援教育に関する校内委員会の組織 2.外部の関係機関との連絡調整 3.保護者に対する相談窓口である。
②特別な支援が必要な児童に対しては、担任が支援計画・指導計画を立て、担任がその責任で支援員を入れるなどして指導する。
③各区市町村の教育委員会では,特別支援教育についての専門性があり,学校を巡回して教師や保護者の相談にのったり,子どもの行動観察をしたりする「巡回相談員」がいる
④校内委員会では、個別の教育支援計画・個別の指導計画を作成し,実際の支援を行い,子どもの評価・支援の評価を行い,次の支援の計画に活かすことが重要である。


正解 2

問8 中教審答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」(2012 年8 月)で謳われている21 世紀型学力(学士力)の育成について、次の文の(  )内に適する語を下から選んで入れなさい。
答申では,これからの日本と世界は,予測困難な時代であり,答えの無い問題に対して自ら解を見出していく主体的な学修の必要があることを力説したうえで,従来の日本の大学教育には課題が多いと指摘し,従来の知識を頭に詰め込みその知識を再生するだけの偏った学修・学力や主体的思考力を伴わない協調性等は社会・世界に通用しないと批判する。そのため,今後は,双方向型の教育と学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく(  )への転換が必要とされている、とする。
 1.生涯学習
 2.能動的学修(アクティブ・ラーニング)
 3.e-learning
 4.スピード・ラーニング


正解 2

教育の最新事情・土曜日出題問題を再現(1)

土曜日組のみなさんから寄せられた情報をもとに、「教育の最新事情」の問題をブログ上で再現する試みに挑戦中です。
さらに情報募集中!
とりあえず第1弾。

問1 教師の専門性について正しいものを一つ選べ。
①教師の適応的な熟達とは,授業で状況に応じて敏感に判断し行動できることである。
②教師の教養の高度化とは,先端の学問技術の詳しい知識を持っていることである。
③学びの専門家としての教師とは,教員採用試験等で学力が高いと判断される教師である。
④学びの専門家としての教師は,学習指導のみに専念し,学級経営や生活指導はやらない。


正解 1

問2 教師論を「人物論」「職業論」「教育行為論」の三つに分類したときに,「人物論」には含まれないものはどれか。
①沢柳政太郎『教育者の精神』(1895)
②福沢諭吉『学問のすすめ』(1872)
③石川栄司『理想の小学教師』(1906)
④桜井賢三『現代の教育者』(1926)


正解 2

問3 教師の「資質・能力」について、次の中から適切でないものを一つ選べ。
①資質能力は生まれつきのものなので変えることはできない。
②教師個人の人間性に根ざし,やや固定的な「資質」と,教員養成や現職研修を通じて成長し変化する「能力」の二つの側面に分けられる。
③現代の学校状況に向き合って「資質・能力」をできるだけ幅広く奥深く捉えなければ「教職専門性の発達」を適切には理解できない。
④いわゆる「指導力不足教員」に共通する根深い特徴として,対人関係能力に乏しいことが明らかになっている。


正解 1

問4 教育の方法や施策の脳科学的根拠としていることで適切でないものをひとつ選べ。
①計算の能力は数の理解と数詞の理解,量の大小の理解が異なる脳の部位で処理される。
②単語の発音,単語のまとまりの保持,単語の意味はそれぞれ脳の違う部位の処理される。
③数の理解と数詞の理解、量の大小の理解が統合されることで小学校算数を導く。
④小学校入門期においては、カナが読めれば十分である


正解 4

日曜組! 教育の最新事情、要注意です!!

土曜組のみなさん
お帰りなさい。
そして本当に、本当にお疲れ様でした。

おぼろげな記憶を辿っての渾身の速報、ありがとうございます!
速報を受け、「スクールカウンセリング」の第1問の「河合隼雄」には思わず笑ってしまいましたが、
「教育の最新事情」に、新傾向の問題がたくさんあったことを知り、しばし愕然。
ああ、そうなのか、テキストリニューアルからまだ2回目の試験、試験問題もリニューアルの途上なんだ、と今更ながら気がついた情けない私です。
土曜日組のみなさん、ほんとうにゴメンナサイ!mOm

過去問にこだわりすぎ、新傾向の問題への注意喚起が足らなかった私が甘かった! 大後悔・・・

日曜組のみなさん、
必修科目は、テキストにもう一度目を通すことをお勧めします。土曜日に出なかったさらに新傾向の問題が出る可能性があります!

日曜組のみなさん!
がんばって!
あなたには
土曜組の仲間と
ドジさんがついています!
あなたは必ず合格します!
いってらっしゃい!!

予想問題の解答、訂正あり!注意!

外国語活動の問2の予想問題解答に誤りがありました。
miwasukeさまの「ひっかかり」より判明した誤りです。
もし気づかずにこの問題が本当に出題されていたら、
私は皆さんを「はめた」ことになってしまったかも・・・

もし他でも気がついた誤り、その疑いなどがあったら是非ご指摘ください。
今ならまだ間に合います。

実は、こうならないように「解答」を掲載するのはずっと避けてきたのですが、
過去に受講者の強い要望があったので・・・ついつい・・・
でも責任逃れは出来ません。キリッ
見つけたらご指摘よろしくお願いします。



土曜組! いってらっしゃい!

あっという間の2週間が終わりました。
ほんとに短く過酷な日程でした。
通常の校務をこなしながら、また子育て、育児をしながらの講習視聴、本当にご苦労様でした。
わたしも、みなさんの焦りや不安を肌で感じ、できることをできるだけやって少しでもお役に立ちたい、そう思い、短い間ですが伴走させてもらいました。
情けなくも途中熱出してダウンしました。
でも、それがかえってよかったような・・・

いよいよ明日修了認定試験ですね。
大丈夫です。
みなさん100%合格します。
すでに合格判定基準についてはお読みかと思いますが、どの科目も、出題された問題の半分以上を間違えるようなことは、「間違えようと努力しなければ」できないレベルです。

それでは、
何度も言いますが、
大丈夫!
あなたは必ず合格します!

あなたの後ろには、ドジさんが、
そして、全国の仲間がついています!
安心して、
いってらっしゃい!!

修了認定試験受験速報募集!

いよいよ明日から、修了認定試験が始まります。
土曜日の試験内容がわかれば、日曜日の出題予想をある程度絞り込む事が可能です。
ちなみに、これまで土日ともに全く同じ問題が出されたケースは、
1.「教育の最新事情」第1問で1回
2.「スクールカウンセリング」第4問で1回、第6問で3回(注目!)
3.「外国語活動」第1問と第5問でそれぞれ2回。

となっております。
したがって日曜日に、土曜日以外の問題が出題される可能性90%以上、ということになります。また、これまでと同じような問題の使い回しサイクル・パターンから、土曜日に何が出題されたかで日曜日の出題予想がよりやりやすくなります。
土曜日組の方には、たいへん申し訳なく、お手数をおかけしますが、試験が終わりましたら、「記憶にある範囲内」で結構ですので、この記事へのコメントとして情報を入れていただけるとありがたいです。
日曜組は、それを参考に、最後の試験対策を立てて臨む、ということになります。
したがって日曜組の土曜日組に対する感謝の念は海よりも深いものとなります。
ここは、このブログに集ったみなさんの「チームワーク」を、よろしくお願いしますね。
 また、日曜組みの方々も、受験しての感想等を情報としてこの記事へのあげていただくとこれまた来期の受講者への道しるべになると思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。

修了認定試験の合否判定基準は?

いよいよ残すところあと1日となりました。
すでにこのブログを隅から隅まで目を通された方はご承知かと思いますが、
放送大学の免許更新・修了認定試験の合否基準の「60%」は単純に得点率60%ではありません。
「教育の最新事情」は15問ですから単純に9問以上○で合格ということになりますが、8問の選択科目はどこで区切るの、と言う話になります。8の60%は4.8だから5問以上○で合格ということも考えられます。
しかしながら、私自身の経験やこれまでの受講者からの情報からすると、受講を終わった時点で一定の加点をしているのでは、と考えられます。90%以上が○Aですが、計算上選択科目の場合は全問正解、必修科目は1問×で○Aのところを、複数問×でも○Aをもらったという例(私自身を含め)には枚挙にいとまがありません。
今現在、たぶんそうではないかと思われる合否判定基準は、
「教育の最新事情」が「視聴点(視聴確認が終わった時点)25点+1問5点×15問=100点 」
選択科目が「視聴点(視聴確認が終わった時点)20点+1問10点×8問=100点」

この点数の60%以上が合格(C判定)になる、というものです。
つまり、「教育の最新事情」では、7問以上○なら合格選択科目は4問以上○なら合格、ということになります。
ずいぶんハードルが低くなったと思いませんか?
でもそれは当然なんです。免許講習を行っている大学はどの大学も合格させることを前提に試験を行っています。(記述式で何でも書いてあれば合格という場合が多い)免許失効者が大量時出たら、教育現場が大混乱するだろうし、そもそも教員だけが免許を更新するなんてこと自体が理不尽なことなのですから。
それはともかく、
60%以上正解しないと合格しないと思っていた方、少し安心して下さい。半分でも合格ですから。(必修は半分以下でも)

環境教育

この科目、まずは
夏期の「傾向と対策予想」の星取表から。
(各問ごとに2問ずつ予想をしました)
問1 × ×
問2 × ×
問3 × ×
問4 × ×
問5 ○ ○
問6 × ○
問7 × ○
問8 × ○
勝率3割を切っています。これは他の科目に比べて断然低い勝率です。原因は2つあります。
ひとつは、環境教育としては生意気にも新傾向の問題が3問出されたこと。
今ひとつは、特に前半の問いで、昨年冬期と同じ問題が使われることが多かったということです。今までの使い回しパターンからするとイレギュラーなことでした。
ただし、この科目のたいがいの問題は、「環境問題」に対する常識の範囲で答えられる問題ですのであまり心配することはありません。

ということで、今期の予想としては、問1~問4までは、昨年と同じ予想問題とします。
以下をご覧ください。
14夏期・環境教育・傾向と対策

問5からは以下の通り。
問5 その1 
ゴミを題材にした学習における指導上配慮すべきこととして,適切でないものを一つ選べ。
1.家庭科の授業で他の教科や教育活動と連携して家庭生活で出るゴミについての学習を    行うと効果が出る。
2.地域のゴミ処理施設やリサイクルセンター等の施設やそこで働く人材との連携は,環境教育の学習効果を高める。
3.ゴミは生活にかかわることが大きいので,家庭と連携して学習を進めると効果的である。
4.学校においても家庭においても,全くゴミを出さないように指導する。


問5 その2
小学校の生活科で行う環境教育について,適切でないものを一つ選べ。
1. 児童が体験を通して環境への感受性を養うことが大切である。
2.動物の飼育や植物の栽培を通して,生物の命を感じる場をつくることが大切である。
3.身近にある自然を題材にすることは,環境に対する興味や関心を高める上で大切である。
4.理科の学習であり環境教育に直接関係ない季節の変化は,第3学年以降に扱うことが望ましい。

問6 その1
企業や行政との連携で進める環境教育について、次の中から適切でないものを一つ選べ。
1.小・中学校では、エネルギーに関する学習は各教科で扱わないので、企業の協力が必要である。
2.エネルギー問題では、電力会社の人や専門家の支援を得ることで、教科での学習を深めることができる。
3.企業の環境問題への取組みを理解することは大切である。
4.多くの自治体の行政機関が、専門的な技術や知識を生かし学校のサポートを行っている。

問6 その2
次の文は,環境教育の学習内容の設定についての配慮事項である。文中のに入る言葉の組み合わせとして,正しいものを一つ選べ。
低学年では,自然や環境問題に対し(A )を磨くことから始まる。また,環境教育の学習内容を計画するにあたっては,( B )ことが大切である。またそのことは子どもの年齢ばかりでなく( C )も大きく影響する。そして,子どもにとって関心や興味を持ちやすい(D )から取り組んでいくことも大切である。
1.A:感受性,B:季節を重視する,C:地域の実態,D:身近な現象
2.A:行動力,B:発達段階を考慮する,C:学力の実態,D:最先端の省エネ技術
3.A:感受性,B:発達段階を考慮する,C:地域の実態,D:身近な現象
4.A:行動力,B:発達段階を考慮する,C:地域の実態,D:最先端の省エネ技術"


問7 その1
環境教育で重要なことについて、適切でないものを一つ選べ。
1.自然と親しむ心。
2.自然を保護する行動。
3.生活習慣を転換する行動。
4.今の生活の便利さを維持しようとする行動。


問7 その2
環境教育の授業実践に求められることについて,適切でないものを一つ選べ。
1.環境教育は,科学的な見方や考え方をもとに,環境にどう対応するかを判断できる知識を身に付けることである。
2.環境教育では,環境を、体験を通じて身近にとらえ,学び,行動することができるようにする。
3.環境教育は,開発が進んだ都市域においても、現存する身近な自然を活かして行うことが可能である。
4.環境教育では,人の手が加わっていない原生の自然を体験をすることによって初めて環境を捉えることができる。


問8 その1
環境教育において認識しておくべきことについて,適切でないものを一つ選べ。
1. 地球の環境容量と資源は有限であり,分かち合わなければならない。
2. 人間は生態系の一部であり,自然と共生すべきである。
3. 環境負荷とは地球環境や生態系への影響だけでなく,人間への直接的な影響も含む。
4. 環境問題への対応は日常生活,経済活動の中で行われ,個人のライフスタイルや社会システムとは直接かかわらない。

問8 その2
環境教育の評価を行うにあたって,適切でないものを一つ選べ。
1.各教科の目標やねらい等を踏まえて行う。
2.学校としての環境教育のねらいに照らし合わせて行う。
3.学習指導の過程においても行う。
4.学習の結果に対してのみ行う。"




解答
問5 その1 4
問5 その2 4
問6 その1 1
問6 その2 3
問7 その1 4
問7 その2 4
問8 その1 4
問8 その2 4

情報教育

情報教育については、すでにこの選択科目を選んだ時点で「対策」ができているといってもいいので、特に「傾向と対策」は必要ないと思います。実際試験が始まって5分経つか経たないかのうちに終わってしまい、後は暇をもてあます、という感じです。それでも「傾向と対策」が必要というチキンなかたは、下記をご覧になってください。そこにすべてがあります。
2014夏期・情報教育・傾向と対策

ただ、念のため再度確認をしておきたいポイントがあります。
それは、高校での教科としての「情報」について。
もう高校でも新しい指導要領での教育課程が完成するにもかかわらず、夏期の試験で相変わらず旧課程の「情報」についての問題が出されました。いい加減にせえ!と言いたいところですが、とりあえずこれだけは覚えておきましょう。
「ほとんどすべての高等学校では3つの科目全部を開設した。」は×です。ほとんどが「情報A」のみの開設でした。おまけに「お荷物」科目として「未履修問題」の中心になった科目でもあります。
それから、新課程の科目は、「社会と情報」と「情報の科学」です。特に「情報の科学」を覚えておきましょう。(覚えても試験以外は何の役にも立ちませんが)


小学校外国語活動(8)

問8
夏期出題
(土)「楽しさを体験する指導法」(正四択)
(日)「総合的学習の時間との関係」(空所補充2箇所)

正解選択肢は、
(土)「中学での外国語教育との関係を踏まえて,児童にはできるだけ正しい表現でコミュニケーションを図るように指導する。」
(日)「(ア)横断的・総合的(イ)適切な学習活動」
(学習指導要領の穴埋め問題です。)

この問いは、これまで非常に規則的な出題順があったのですが、夏期でその規則性が崩れたようです。それでもある程度の予想はできそうです。
今期は以下の「指導体制作り」が出題されると予想。
例題12 小学校外国語活動の指導体制作りとして、適切でないものを一つ選べ。
1.指導者研修や多様な指導者の採用により指導体制を充実させることが大切である。
2.各学校のこれまでの取り組みを基に,継続的な教育が可能な校内体制を整備する。
3.これまでの小学校3・4年生の「総合的な学習の時間」での国際理解教育としての外国語活動は止め、校内体制を整備し直す。
4.校内における英語活動の指導体制を作るとともに、その内容を保護者へ十分説明する。


例題13 小学校外国語活動を成功させる体制作りとして,適当でないものを一つ選べ。
1. ALTの採用や,外国語に堪能な地域の人材を使い,指導体制を充実させること。
2.すべての学校が一律に同じ条件でゼロからのスタートラインに立つこと。
3.保護者の理解を得るため,保護者への説明を十分に行っておくこと。
4.「外国語活動」の教育目標に照らし継続的な教育改善が可能な校内体制を整備すること。



解答
例題12 3
例だ13 2

小学校外国語活動(7)

問7
夏期出題
(土)「高学年児童に適している活動内容」(正四択)
(日)「高学年児童に適している活動内容」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「友だちと協力しながら,クイズをしたり,インタビューをしたりする。」
(日)「内容を聞いてから,それについてのクイズに答える。」

この2問は内容的にはほぼ同じ問題です。
今期は、上記の「高学年児童に適している活動内容」の正解が「インタビューやクイズ」とおさえつつ、下記の問題も出題されると予想。ちなみにこの第7問のこれまでの正解選択肢の80%以上は「4」となっています。自分の答えが「4」じゃあなければちょっと疑ったほうがよいかも・・・
例題11 小学校外国語活動の指導上注意すべきこととして、次の中から適切でないものを一つ選べ。
1.指導する側が、ジェスチャーなどの非言語コミュニケーション手段も使って指導する。
2.特別支援学級の子どもたちも一緒に参加する等、いろいろな子どもたちが一緒に活動に取り組むことが大切。
3.ゲームに慣れてきたら、子ども自身が主体になって活動を楽しむ状況を作り出す。
4.子どもが100%理解できるように、時間をかけて説明し、活動に取り組む。




解答
例題11 4

小学校外国語活動(6)

問6
夏期出題
(土)「『Hi,friends!』の特色」の活用法」(誤四択)
(日)「『Hi,friends!』の活用法」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「それぞれのレッスンの最後にまとめとして書く箇所がある。」 
(日)「「Hi,friends!」を参考に,視聴覚教材を利用する。」

昨年冬期も全く同じ2問が出題されていますので、このまま、また同じ問題が出題される可能性もありますが、予想はとりあえず下記ということで。

例題9 小学校外国語活動で、教材を活用する際の注意としてもっとも適切なものを選べ。
1.「Hi,friends!」は教科書であり、使用する義務がある。
2.「Hi,friends!」付属のCDなどの、音声教材をできる限り活用する。
3.使用できる教材は、学習指導要領にすべて記載されている。
4.自主教材や既成の教材の使用は禁止されている。


例題10「Hi,friends!」の使用方法について、もっとも適切なものを選べ。
1.「Hi,friends!」の内容は、最初から最後まで指導しなくてはならない。
2.「Hi,friends!」を全然使わない。
3.「Hi,friends!」の中で、子どもが興味を持ちそうなものだけを使う。
4.「Hi,friends!」の内容を参考に、学校の実情にあわせた使用をする。





解答
例題9  2
例題10 4

小学校外国語活動(5)

問5
夏期出題
(土)「コミュニケーションの道具としてのことば」(正四択)
(日)「コミュニケーションとして言葉」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「ことばは人間にとって最も大切な問題解決の道具の一つなので,問題や疑問があった時に,その解決の道具として使えるようになること。」 
(日)「何か問題を感じた時に,その解決の道具として言葉を使えるようになること。」

これら2つの問題は、ほとんど同じ問題といってもいいと思います。

こうなると、今期の問題は、次の2つに絞られるのではないかと。
例題7 社会言語学的能力とは何か。次の中からもっとも適切なものを一つ選べ。
1.会話するとき、お互いの社会的背景を考慮して接する能力。
2.社会に存在する多様な人々一人ひとりの意図を理解する能力。
3.人間関係によって変わることばの使い方を理解する能力。
4.場面に合わせてことばを使い分けることができる能力。


例題8 コミュニケーションのための言語知識が、もっとも効率的に身に付く状況として考えられるものを次の中から一つ選べ。
1.まずは、話す相手がいて実際に話してみることで言語知識が効率的に身に付く。
2.自分の言いたいことがうまく言えなかった時、自分で調べたり、教えてもらったときの言語知識が効率的に身に付く。
3.実際に話をする前に、しっかり文法等を勉強することで効率的に言語知識が身に付く。
4.CDや先生の発音や言い方を真似して繰り返し練習することで、言語知識は身に付く。



解答
例題7 4
例題8 2

小学校外国語活動(4)

問4
夏期出題
(土)「国際理解教育のポイント」(誤四択)
(日)「学習指導要領」(空所2箇所補充)

解答選択肢は
(土)「英語を聞いたり話したりするときには,中学校に入って困らないように,正確に話す態度をしっかり身に付け,間違えた表現などは一つ一つ正しい表現に直して会話を進めることが大切である。」
(日)「学習指導要領」(空所2箇所補充)「(ア)多様なものの見方や考え方(イ)文化等」 

出題パターンは4パターン。今期は、「学習指導要領」「国際理解」の別パターンが出題されると予想。

例題5 次の小学校学習指導要領の「第4章外国語活動」の一節で、途中の(  )に入る正しい語句の組み合わせを下から一つ選べ。
外国語の(ア) などに慣れ親しむとともに,日本語との違いを知り,言葉の(イ) に気付くこと。
1.(ア)音声やリズム(イ)規則や使い方
2.(ア)音声やリズム(イ)面白さや豊かさ
3.(ア)発音や表現(イ)規則や使い方
4.(ア)発音や表現(イ)面白さや豊かさ

例題6 小学校外国語活動における、国際的な相互理解のための活動で、心がけたいことについて、次の中から適切でないものを一つ選べ。
1.誤解されないように、文法的に正しい外国語を話すこと。
2.Why(「どうして」)という興味関心の視点でものごとを見ること。
3.日本と外国の間の、生活スタイル・習慣・行事などの文化の違いを知ること。
4.世界には、考え方やものの見方にさまざまな違いがあることに気付くこと。



解答
例題5 2
例題6 1

小学校外国語活動(3)

問3
夏期出題
(土)「学習指導要領に記載されている指導体制」(正四択)
(日)「指導者の大きな問題点」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「学級担任と,ALTまたは必要に応じて地域人材がチームティーチングで指導する。」
(日)「学級担任(HRT)と外国人指導助手(ALT)や地域人材がTT(チームティーチング)をするための打ち合わせの時間がとれない。


この問いも3パターンの使いまわしのため、今期は「学習指導要領に記載されている指導体制」と以下の問題(内容的には「指導体制」と同じ)と予想。
例題4 小学校外国語活動は,「TTで指導する」とされている。その意味としてもっとも適切なものを一つ選べ。
1.Teacher’s Talkをたくさん使って指導する。
2.学級担任(HRT)が中心となり、外国人指導助手(ALT)や地域の人材といっしょに
チームティーチングをする。
3.外国人指導助手(ALT)が、地域の人材といっしょにチームティーチングをする。
4.学級担任(HRT)が一人で指導してはいけない。



例題4
解答2


小学校外国語活動(2)

問2
夏期出題
(土)「中学校の英語にどのようにつながるか」(正四択)
(日)「コミュニケーションに役立つ英語」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「小学校の英語活動で,具体的な場面で何度も触れてきた表現であれば,中学校で分析的な知識として学んでも意味が理解できているので,学びやすくなる。」
(日)「一々単語や文法を考えることなく,そのまま使える便利な表現。」

この問いの出題パターンは大きく分けて3つです。
その内、今期は、「中学校の英語にどのようにつながるか」と下記問題と予想。
例題3 子どもに英語を教える時、気を付けることは何か。もっとも適切なものを選べ。
1.児童には「今」が、教えたことを一番吸収できる時だ、と考えて英語活動を行う。
2.児童は、おとぎ話が好きなので、空想の世界を題材にして英語活動を行う。
3.児童は、「音」を楽しむので、楽しい歌やゲームを通して正しい発音を教える。
4.児童は、体を動かすことが好きなので、踊りやゲームを通して英語の表現を覚える。


例題3
解答 1

小学校外国語活動(1)

下記も参考にして下さい。
夏期・小学校外国語活動・傾向と対策

問1
夏期出題 
(土)「コミュニケーション能力の「素地」」(語四択)
(日)「コミュニケーション能力の「素地」」(正四択)

同じテーマの問題ですが、(土)は「素地の意味」(日)は「素地の例」の問題です。でもぶっちゃけ同じ様な問題です。
正解選択肢は、
(土)「文法や語彙を覚えるのではなく,英語によるコミュニケーションが楽しい,もっと英語をやりたい,という気持ちを育てること。」
(日)「文法や語彙を覚えることではなく,英語によるコミュニケーションが楽しい,もっと英語をやりたい,という気持ちを育てること。」


この問いは、ほぼ規則的に使い回しが行われているので今期は以下の2問と予想。
例題1 小学校外国語動の目標・「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成」の内容として適切なものを一つ選べ。
1.ALTとコミュニケーションをするために、英語の構造や単語を覚え、努力すること。
2.英語でのコミュニケーションの楽しさを経験することで、もっとコミュニケーションをしたい、と思う気持ちを育てること。
3.ネイティヴ並みの英語の発音を身に付け、コミュニケーションが楽しいと思わせること。
4.基本的な英語の表現を反復練習することで、正しい英語でのコミュニケーションをする自信を与えること。

例題2 小学校外国語(英語)活動はどうして必要か。その理由としてもっとも適切なものを一つ選べ。
1.中学校からでは英語の文法や語彙を身に付けるのが遅くなるから。
2.小学校での体験的学習が中学校以降の理論的学習をすすめるのに役立つから。
3.小学校から英語を始めれば、発音がネイティヴ並みに良くなるから。
4.中学校の英語教育を前倒しすることで、英語の授業時間数を増やすことができるから。



解答
例題1 2
例題2 2

スクールカウンセリング(8)

問8
夏期出題
(土)「スクールカウンセリングにおける守秘義務」(正四択)
(日)「スクールカウンセラーの中心的業務」(誤四択)

正解選択肢は、
(土)「狭義の守秘義務にとらわれるのではなく,学校全体で守秘義務の意味について考えることが大切である。」
(日)「地域社会への専門的支援」


ここの問題は、3パターン。だから前回の予想もドンピシャ!今期は、上の2つのどちらかと「スクールカウンセラーの配置」で決まり!
例題13 カウンセラーの全小学校および幼稚園(保育所)への配置が求められている理由について、適当でないものを一つ選べ。
1.子どもに関する問題の低年齢化
2.子育てに悩む保護者の増加
3.自信を失った教師の増加
4.幼少期のしつけ強化



例題13 4

スクールカウンセリング(7)

問7
夏期出題
(土)「保育カウンセラーの業務」(誤四択)
(日)「保育者と保育カウンセラーとの連携」(誤四択)

正解選択肢は、
(土)「保育カウンセラーは幼稚園で園児の問題行動のみに注目し,専門的支援を行う。」
(日)「保育者は,保育カウンセラーの守秘義務を尊重して相談内容には関与しない。」


今期は上記2問のどちらか(詳しくは夏期の傾向と対策を参照)「幼稚園と関連機関」と予想。
例題12 幼稚園と関連機関との連携について,適当でないものを一つ選べ。
1.幼稚園は、地域の小学校との連携し、教育内容の相互理解と改善に努める。
2.幼稚園は地域の療育機関との連携し、幼児の発達の相互理解に努める。
3.幼稚園は地域の医療機関との連携し、幼児の健康面のケアに努める。
4.幼稚園は地域の大学との連携し、必要な学生ボランティアの確保に努める。



例題12 4

スクールカウンセリング(6)

問6
夏期出題
(土)「保護者への対応」(正四択)
(日)「保護者への対応」(正四択)

ここも同じ問題が出題されました。この講師、過去にも土日に同じ問題を出しています。こういう「手抜き」パターンは何となく好感が持てます。どうせなら毎回同じ問題にしてくれてもいいのに、と思いますが。
正解選択肢は、
「保護者自身が子ども時代にいじめ被害にあった経験がある場合には,その影響が大人になった今でも残っていることがある。」

今期は、さすがに他のふたつのヴァージョンが出ると予想。
例題10 保護者への対応について,正しいものを一つ選べ。
1. 対応が難しい保護者は,常に専門機関への紹介を行うのがよい。
2. 学校教育は子どもについて責任を負うので,保護者自身の問題には立ち入らない。
3. 保護者とのやり取りの難しさは,保護者自身が難しい状況にいることの現われである。
4. 保護者には常に理性的に対応し,保護者の側にも理性的な対応を強く求めていく。


例題11保護者への対応について,正しいものを一つ選べ。
1. 保護者自身の育ちの中でのつらい思いはすっかり忘れさられている場合が多い。
2. 保護者への対応が難しい場合には,担任に一本化して対応することが望ましい。
3. 保護者自身のいじめ被害経験は,その影響が現在残っていることはほとんどない。
4. 保護者自身の子ども時代のつらい体験が,現在の人間関係に現れてくる場合がある。


例題10 3
例題11 4

スクールカウンセリング(5)

問5
夏期出題
(土)「発達障害への理解」(正四択)
(日)「自閉性障害の特徴」(誤四択)

正解選択肢は、
(土)「発達障害と思われることの背景に,様々な要因がありうることを考慮する。」
(日)「家族関係における質的な特徴」

上記2問は、昨年冬期・夏期と2回続いたので、今期は残りの2パターンから出題と予想。
例題8 発達障害に関する理解について、適切ではないものを一つ選べ。
1.発達障害を持つ人は、自分の気持を言語化することが苦手である。
2.発達障害を持つ人は、他人の気持ちを推し量ることが苦手である。
3.発達障害を持つ人は、いわゆる「場の空気を読む」ことが苦手である。
4.発達障害を持つ人は、状況判断能力に乏しい親に育てられている。


例題9 発達障害への関わりの三層構造について、適切でないものを一つ選べ。
1.「この子どもの障害はどのようなものなのか」ということへの的確な理解
2.「この子どもの障害を、今ここでどのようなテーマにするのが適切か」という判断
3.「この子どもの行動特徴の中には,発達障害以外の部分もある」という統合的な理解
4.「この子どもの家族には、他に障害をもっている人がいないか」という遺伝的理解




例題8  4
例題9  4

スクールカウンセリング(4)

問4
夏期出題
(土)「不登校の変化」(正四択)
(日)「不登校の変化」(正四択)

両日とも全く同じ問題(厳密には選択肢の順番が違っているが)。これは、他の科目にはあまりみられない現象です。(ホントは土日の問題は変えなければいけないんでしょうけど)
解答は
「非行との境目がはっきりしなくなっている。」 

第4問の出題3パターンのうち残りの2つが今期出題されると予想。
例題6 不登校の子どもたちへの関わりとして、次の中から正しいものを一つ選べ。
1.子どもが抱えている歴史を理解するために,必ず保護者から生育歴を聴き取る。
2.不登校は家庭環境との関連が深いので、常に家族関係に踏み込んだ指導を行う。
3.不登校生徒へは教育相談担当がいつも中心となり、担任はそれを補佐する。
4.怠学傾向にある子どもに対して、不登校の視点で捉え直すことも必要である。

例題7 最近の不登校の家庭の状況について、適当でないものを一つ選べ。
1.失業や借金などの経済的困難
2.夫婦関係の困難な状況
3.祖父母の過保護
4.親の精神疾患



例題6  4
例題7  3


スクールカウンセリング(3)

問3
夏期出題
(土)「事件・事故後の対応」(誤四択)
(日)「事件・事故後の対応」(空所補充・1か所)

正解選択肢は、
(土)「外傷的体験について話したがる子どもには,しっかりと話をさせることが心の回復に役立つ。」
(日)「事故や災害などに一緒に遭遇した者同士でその体験を語り合うことが,心の傷の回復に役立つことが多い。」


ここも第2問と同様に同じテーマで4つの問題パターンが使いまわされています。
今期は次の2パターンが出題されると予想。
例題4 学校で重大な事件・事故が生じた後の対応について,正しいものを一つ選べ。
1.生徒の対応は心理的ケアを行う支援チームに一任するのが望ましい。
2.外傷的体験について話をしようとする児童・生徒には話をさせないように配慮する。
3.PTSD(外傷後ストレス障害)は、軽い症状でもただちに医療的援助を必要とする。
4.心に傷を残す出来事を体験した者同士が,体験を語り合うことで心の回復に役立つ。


例題5 学校で重大な事件・事故が生じた後の対応について,正しいものを一つ選べ。
1.生徒の対応は心理的ケアを行う支援チームに一任するのが望ましい。
2.外傷的体験を話したがる子どもには,しっかりと話をさせることが心の回復に役立つ。
3.すべての子どもは一切の外傷的体験に遭うことのないように守られなくてはならない。
4.一刻も早く,児童・生徒の全員に心理的ケアの専門家による面接を実施すべきである。




例題4  4
例題5  2
pan>

スクールカウンセリング(2)

問2
夏期出題
(土)「教師とスクールカウンセラーの連携」(正四択)
(日)「教師とスクールカウンセラーの連携」(正四択)

ここはいつも似たような問題4パターンほどを使いまわしています。しかもすべて「正四択」の問題です。
正解選択肢は、
(土)「スクールカウンセラーは教師のメンタルケアにも配慮する。」
(日)「スクールカウンセラーによるカウンセリングを受けている生徒に対しても,教師はそれまでと同様に関与を続けるべきである。」


今回は次の2つのパターンが出題されると予想。
例題2 教師とスクールカウンセラーとの連携について,正しいものを一つ選べ。
1. 守秘義務があるスクールカウンセラーは,児童・生徒からのどのような情報も教師に伝えることはない。
2. スクールカウンセラーは児童・生徒のためのものであり、教師が自分のことを相談することはできない。
3.カウンセリングの目的の第一は、問題の原因をはっきりさせることにある。
4.スクールカウンセラーと面接をしている児童・生徒に対しても,教師は他の児童・生徒と同様な関わりを続けていくことが大切である。


例題3 教師とスクールカウンセラーとの連携について,正しいものを一つ選べ。
1.教師も個人的な悩みをスクールカウンセラーに相談できる。
2.カウンセリングの目的は問題の原因をはっきりさせることにある。
3.児童・生徒にカウンセリングを勧めるときには,教師はできるだけ関わらない。
4.「集団守秘義務」があるのはスクールカウンセラーだけである。



例題2  4
例題3  1

スクールカウンセリング(1)

こちらのページも合わせてご参照下さい。
夏期スクールカウンセリング傾向と対策

問1
夏期出題 
(土)「教師とスクールカウンセラーの関係」(語四択)
(日)「教師とスクールカウンセラーの関係」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「互いの見解の一方的な主張」
(日)「専門性を認めた連携」

両問とも内容的には全く同じ。難しくはありません。

夏期は、この講師の『十八番』問題、「河合隼雄」が正解となる「不登校を「文化の病」と呼んだ人は誰?」は出ませんでした。あまりにばかばかしい問題とようやく気がついたのかもしれませんが、気がついていないとしたら今期の出題可能性大です。
そしてもうひとつ出題が予想される問題は、
例題1 スクールカウンセラーが教師と最も異なるところを次の中から選べ。
1.子どもに知識や技術を教える。
2.子どもに努力を奨励し励ます。
3.子どもに進むべき方向を指し示す。
4.子どもを受け止め可能性を信じて待つ。




解答
例題1  4

現代の生徒指導(8)

問8
夏期出題
(土)「スクールソーシャルワークの歴史」(誤四択)
(日)「スクールソーシャルワーカー」について」(誤四択)

正解選択肢は、
(土)「日本では貧困家庭や長欠児童対策として地域を廻るような「訪問教師」の歴史はこれまで全国どこにもまったく存在しない。」
(日)「社会福祉士などの専門家がいないときには,スクールソーシャルワーカーを配置することはまったく不可能である。

(土)のソーシャルワーカーの起源にかかわる歴史的側面についてはちゃんと勉強しないとわからない問題です。

今期は、上のどちらかの問題か、以下の問題が出題されると予想。

例題15 これまでの生徒指導が陥りやすかった点について、適切でないものを一つ選べ。
1.問題行動を類別して対策を講じる傾向が強く、個々の子どもに応じて発達を支援するという発想が弱かった。
2.子どもの観察が学校内のみで、一面的になりやすく、家庭や地域での子どもの様子を観察することが弱かった。
3.集団生活のルールを守らせることが前面に出てしまい、教師の方針や価値観を子どもたちに押しつけがちな傾向があった。
4. 教師の仕事は授業での学習指導だけであるから、それ以外の生徒指導をないがしろにしてきた。


例題15
解答4
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ