FC2ブログ

沖縄の受講者の皆さまへプレゼント

中目黒の真理ちゃんさんから、
沖縄の受講者の皆さまへプレゼントが届いています。


沖縄の受験の皆様へ

台風の影響での試験順延、大変ですね。
応援しております。
【環境教育】
過去問をこのブログでご覧になっておけば大丈夫だと思います。追加情報として
①「ビオトープ」について確認をなさっておいてください。
②社会科と環境教育の関わりについて、特に、テキストの第6章の1の2)「江戸時代のリサイクルから環境を学ぶ」は、確実に読んでおいてください。
【学校経営】
①SBCDの提唱された経緯を確認しておいてください。テキストの「3.学校改善のための…」を読んでおくとよいと思います。
【生徒指導】
第3章の「1.児童期ならびに思春期・青年期の発達課題」のところの児童期の特徴をよく読み込んで理解しておいてください。


何か参考になればと思いコメントしました。
スポンサーサイト



台風で試験問題公表延期!

新たに下記の情報をコメント欄よりいただきました。
ありがとうございます。
そうですか、沖縄、大変だったようですね。

沖縄で今度の日曜日に修了認定試験を受けられる方
頑張って下さい。
類似問題もたくさん出題されているらしいです。
もう一度このブログで復習すれば完璧かも。
「環境教育の実践」の過去問も
受験される方のためにあさってまで再アップしておきますね。

寄せられた情報
2012.08.29 試験問題の公表延期について
台風15号の影響により,沖縄学習センター会場の
8月26日(日)の試験が延期になりました。
これに伴い,当初8月30日(木)に予定していた
試験問題の公表開始が,9月4日(火)に変更となります。

2012.08.25 沖縄学習センター会場 8月26日の試験について
沖縄学習センター会場の8月26日(日)の試験は,
台風15号の接近に伴い中止とし,9月2日(日)に延期します。
詳しくは,メールをご確認ください。

気になる合否と評価

試験が終わると気になるのが
合否、そして自分の評価。
まあ合否はまったく問題なく
全員合格だと思います。
ただ、放送大学の場合、
評価のつけかたが若干
ミステリアスです。
(以前立てた仮説)

修了認定試験の「評価」は「総合評価」?

○Aは、おそらく90%以上の得点率でしょうが、
8問しかない必修以外の講座では、
全問正解で90%ということになります。
(8×0.9=7.2>7)

しかし、私自身の経験と受験者から寄せられた
情報からすると、1問間違っても○Aをもらっている
ということが確認されています。

そこで出てきたのが、受講したことで「加点」を
している、という仮説。
つまり終了認定試験の点数に下駄をはかせている
ということです。
(今回の受講者からの情報で、受講修了確認をすると
「+10ポイント」と画面に表示されたということも
聞いています。どうなんでしょうか)

もう少し具体的に推測してみると
例えば、選択科目については、受講完了で20点
試験が1問10点で8問、合計100点満点。
で、その点数で90%以上が○A、
という評価の付け方をしているんではないか
という仮説が生まれてきます。
そうすれば1問間違えても90点で○A、
となるわけです。
逆に、4問間違えても60%で合格!
5問間違えてはじめて不合格となる。
あのレベルの問題ではさすがに
8問中5問間違える人はいないだろうと
放送大学は踏んでいるのでは。
以上のような憶測が成り立つわけです。

ということで、
ちょっと試験でミスっちゃったよう。涙・・・
という人も、全然OKでしょう。
もっとも○Aでなきゃいや!っている人も
いるかもしれませんね。
教師は結構優等生だった人が多いですから。
かくいう私も・・・
でもしょせん教員免許講習。
更新できればどうでもいいじゃん
そう思った方がいいと思います。


試験問題公開、8月30日から9月30日まで

コメント欄で、
「試験問題が、8月30日から9月30日まで
web上で公開」という情報を頂きました。
ありがとうございます。
受講した皆さんの多くはすでに
ご存じかもしれませんね。
たぶん、受講者の専用ページでの
アナウンスかと思います。

私はアクセスできませんので
問題情報を是非お寄せ下さい。
お待ちしております。


お疲れ様です!

Yanagiさん
お疲れさまでした。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。
試験問題
「講習生については専用ページで公開」
というのは今回が初めてのケースです。
昨年の夏期は、「試験会場での公開」
だったと思います。

これからずっとそうなら
情報を得やすくなりますね。

ありがとうございました。

修了認定試験お疲れさまでした!!

みなさん
修了認定試験大変お疲れさまでした。
やっぱり、かんたんだったでしょ?
案ずるより産むが易し
チキンなあなたの「こころのお守り」として
このブログが少しでもお役に立ったとしたら
ブログ管理人としてこんなにうれしいことはありません。
過去問の一部アップが大変遅れて、
気をもませてしまい、本当にすみませんでした。
改めてお詫び申し上げます。

ところで、前記事にも書きましたが、
今回また試験問題の持ち帰りが不可になったようです。

わかる範囲、記憶に残る範囲で結構ですので、
試験問題やその特徴、
受講をしていて気付いた点などを
コメント欄でお知らせいただけるととってもうれしいです。
みなさんが、受講中または修了試験前に、
「こういう情報がほしかった」というものを
寄せていただけると、次に受講する方にとって
とても役立つ情報となるでしょう。

教員免許更新制は、ほんとはなくてもいいものです。
いや、あってはならないものです。
お金がかかるのはもうしょうがないにしても
せめて、それにかかる肉体的・精神的な負担を
なるべく軽減する。
これがこのブログの本来の目的であります、(キリッ)

子どもや生徒にはテストを平気でするくせに
自分がテストを受けるのは限りなく不安だという
全国の愛すべき教師のみなさん、
チキンなみなさんのために
是非、あなたのお持ちの情報をください!

夏は試験問題「持ち帰り不可」

Yanagiさん、コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです!

今回は「持ち帰り不可」だったんですね。
前回(2011年度冬季)が「持ち帰り可」で
前々回(2011夏期が「持ち帰り不可」
私の受講した2010年度冬季が「持ち帰り可」ですから
これは、年2回の修了認定試験で、
夏期が「持ち帰り不可」で
冬期が「持ち帰り可」になっている公算大ですね。

時期がきたら試験会場で「公開」するのも
たぶん例年の夏期と同じだと思われます。
(誰がいちいち見に行くんだよう、って感じ)

なんで放送大学はこんなややこしいことするんだろう。
たぶん前期・後期ではかなり類似、
というよりほとんど同じ問題を出題するからではないか、
という憶測が生まれます。
「持ち帰り不可」であったため
昨年の夏期の過去問情報がほとんど手に入らず、
比べようがないのがちょっと残念です。
どなたか公開されたら写メでも撮って送って下さらぬか。
そんな暇な人いるわけないよね・・・

それから別情報で、
「教育の最新事情」の13講の難易度は
「鬼」だったというのも頂いています。
あの「スクール・コンプライアンス」の講師、
どうにかならんか。えらそうに。
教育現場では時間外の無賃労働が横行していて
立派な労働基準法違反だっちゅうの!
スクール・コンプライアンスを言いたいなら
そのことにも触れろよ、少なくとも。な!
そっちに都合のいいコンプライアンスばっかり
言うなっての。

問題を簡単にしたら・・・
許してやる・・・



「情報社会に対応した学校教育」の「過去問も

太郎さんから以前頂いていた、2011年度後期の「情報社会に対応した学校教育」の問題です。

情報社会に対応した学校教育
うっかり紹介忘れてました。(何してるんだ俺)
みなさん、すみませんね。
ぎりぎりになって。

2011年度後期「情報社会に対応した学校教育」の過去問

情報社会に対応した学校教育

問1・情報とコミュニケーションに関する文の穴埋め問題
選択肢・「情報は(意味のある・意味のない)内容 で
    (コミュニケーション・合意)が成立した~・・・」の組合せを選ぶ

問2・指導要領のICT活用の位置づけに関する文で入る言葉を選ぶ。
選択肢・教育機器、 教科指導書、 運動用具、 携帯電話

問3・ICTを用いた学習効果を述べた文で適切な語句を選ぶ。
選択肢・活動、 冒険、 再生、 合流

問4・情報活用能力の内容に関して述べた文で適切な語句を選ぶ。
選択肢・消去、 表現、 模範、 業務

問5・教科「情報」の教育方法で適切なものを選ぶ。
選択肢・操作手順をすべて教える、 個人作業に集中させる、
     情報固有の授業を確立する、 情報の見つけ方発信のやり方を教える

問6・指導要領総則編から情報モラルに関する文で入る言葉を選ぶ。
選択肢・システム、 ルールマナー、 合意、 ハードウェアソフトウェア

問7・教育の情報化に関する手引きの校務の目的に関する文で入る
言葉。
選択肢・校則と生徒会、 ICT機器、 校舎と教室、 教育活動

問8・新学習指導要領のポイント7項目の文で入る言葉。
選択肢・教材研究、 応用力、 師弟関係、 確かな学力
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ