FC2ブログ

第1グループの免許失効者は98名

 第1グループの免許更新が終わりました。文科省によると全国で免許が失効した人の数は98名だそうです。これは憶測ですが、たぶんその中の多くの方が臨時採用教員の方ではないかと思われます。次年度の採用見込みがないので、認定の手続きをしなかったとか、講習そのものを受講しなかったとか・・・。2重にかわいそうですね。つくづくこの免許更新制は罪作りな制度です。
 それから、管理職の人でも免許失効になった人がいるそうです。「えっ?管理職は免許更新しなくてもいいんじゃあないの?」と思うでしょ。違うんです。新しい免許法では基本的に教育現場にいるひと、これから教師になる人はみんな更新しなければならないのです。ただし、管理職とか、指導主事とか主幹教諭、優秀教員として表彰された人は、「免許更新免除願い」を提出して受理されれば免除される、という仕組みになっているのです。
 第1グループでこうした「免除」を受けた人の数は、実に第1グループの教員の3分の1ちかくいます。これって、ほんとうにおかしいですよね。教員の資質を維持し高めるために教育にかかわる最新の知識や情報を得る必要があるなら、まず「えらい人」が率先してやるべきじゃあありませんかねえ?かりにも現場で平の教員を指導する立場にいる人ですから。「管理職はすでにいろいろな研修受けているからいいんだ」なんて言い訳するとしたら、即「うそつけ」と言いたくなりますよね。それに、給料が下がり続けている中で3万円という大金を使って、くそ忙しい中を時間を割かなければならない、それってとってもアンフェアなことではないですか?だいたい、管理職はすでに平よりも給料たくさんもらっているというのに・・・。
 くやしかったら「えらくなってみろ!」だって?今の教育の現場で「えらくなること」は「子どもたちを見捨てる」に近いことだということを、心ある教員はわかっていると思われますが。
なんて愚痴ってもはじまらないか・・・。
 それにしても、管理職の人たちの中に「私は免除願いを出さずに更新する!」っていうクソ真面目な人がいたっていいんじゃあないですか?そんな人、誰か知っていたら教えて下さい。
スポンサーサイト



冬期講習の案内がアップされました

冬期講習の案内がアップされました。

2011年度冬期教員免許更新講習
きれいな募集要項もできています。

募集要項
ざっと見たところ、ほとんど変更はないようです。開講講習科目も夏期講習と同じです。

インターネット申し込みは11月1日の午前10時からです。
それまでにインターネット申込方法マニュアルでシュミレーションしておきましょう。
申し込みと同時に必要になってくる「受講対象者証明書」は今からでもダウンロードできますから、
写真を用意したり、記入して校長の印をもらったりと準備をしておきましょう。

受講対象者証明書
記入例はこちら

記入例
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ