FC2ブログ

大自己採点大会の始まり!教育の最新事情から

問題を送っていただいた腹心の友のみなさん!
ありがとうございました!

怖いもの見たさの受講生のみなさん!大自己採点大会、はじめますね。
管理人は実際の問題を分析しながら解いてますんで、解答例をアップするのが少し遅くなるかと思いますが、気持ちを落ち着けてお待ちくださいね。
それでは、
必修科目・教育の最新事情から
(難易度は、管理人が新規の受講生になったつもりで評価したものです。)

土曜日
問1 1  第1章 過去問
問2 1  第1章 新傾向 簡単
問3 2  第2章 過去問
問4 1  第3章 過去問
問5 1  第3章 過去問
問6 2  第4章 新傾向 やや難(過去問の正誤を変えた問題)
問7 4  第5章 新傾向 ふつう
問8 4  第5章 新傾向 ふつう
問9 3  第6章 過去問 
問10 3  第7章 過去問 
問11 2  第7章 新傾向 ふつう
問12 3  第8章 過去問 

講師が使う専門用語の定義を一定理解していないと「難」を感じてしまう問題が新傾向には多いような気がします。そしてその専門用語は覚えても何の役にも立ちそうにもないことばばかりです。まあ、そういう自分の研究の範囲内で語ることしかできないからしょうがないのでしょうが、これがお金と時間と体力と気力を使わなければならない免許講習の内容だと思うと・・・ね。


日曜日
問1 3  第1章 過去問
問2 4  第2章 過去問
問3 4  第2章 新傾向 簡単
問4 3  第3章 過去問
問5 4  第4章 過去問
問6 1  第4章 新傾向 難 
問7 1  第5章 新傾向 ふつう
問8 3  第6章 過去問
問9 4  第6章 過去問 
問10 4  第7章 過去問 
問11 4  第8章 過去問
問12 3  第8章 新傾向 簡単

問6は、「素朴理論」の問題がゾンビのように蘇りましたね。それも新傾向として。最初は「正四択」ではなくて「誤四択」の間違いかと思いましたよ。というのは、④も間違いではないかと思ったからです。その疑いは消えないまま、最終的には明らかにおかしいのが①、ということで納得したわけです。

スポンサーサイト



教育政策と学校の組織的対応

教育政策

土曜日
問1  2 第1章 過去問
問2  4 第2章 過去問
問3  4 第2章 新傾向(過去問のアレンジ)ふつう
問4  1 第3章 過去問
問5  1 第4章 過去問
問6  1 第4章 新傾向 簡単
問7  1 第5章 過去問
問8  3 第6章 過去問
問9  3 第7章 過去問
問10 2 第7章 新傾向 簡単
問11 3 第8章 過去問
問12 2 第8章 過去問(実に3年半ぶりの出題!)


 2,4,7,8章が2問出題と何故か不規則になっています。

日曜日
問1  1 第1章 過去問
問2  4 第1章 新傾向 ふつう
問3  3 第2章 過去問
問4  4 第3章 過去問
問5  4 第4章 過去問
問6  2 第5章 過去問
問7  3 第5章 新傾向 簡単
問8  4 第6章 過去問
問9  2 第7章 過去問
問11 4 第7章 新傾向 簡単
問12 3 第8章 過去問
問13 2 第8章 過去問


土曜日と同様に、1,5,7,8章が2題出題と、出題形式が不規則になっています。
新傾向とは言っても、過去問をアレンジしたものですので比較的簡単。
 

外国語活動

次は外国語活動です。何故外国語活動を最初のほうに持ってきたかというと、昨夏からの傾向で、「変則四択問題」も含めてこの外国語活動の問題が異常な難化をしているということと、今期の受講生からも「外国語活動が難しかった」という声をお聞きしたからです。この科目を選択して不安な方もいらっしゃるでしょう。さあ、答え合わせしてみましょう。
外国語活動

土曜日
問1  2 第1章 過去問
問2  2 第1章 新傾向 簡単
問3  2 第2章 過去問
問4  4 第3章 過去問
問5  3 第3章 新傾向 超難(変則四択) 正答として1,2もありうる
問6  1 第4章 過去問 
問7  3 第5章 過去問
問8  2 第5章 新傾向 やや難
問9  3 第6章 過去問
問10 4 第7章 過去問
問11 1 第7章 新傾向 難(変則四択)
問12 3 第8章 新傾向 簡単(過去問の穴埋め箇所を変えた問題)

 問5は、超難問でした。まず(イ)と(ウ)はテキストにも書いてあるし〇だとわかります。ということで、④の選択肢は×とわかります。次に、(ア)の「他教科で学んだ内容」というのが外国語活動で必要なのかどうかが?、そして(エ)の「日本語で説明」というのが外国語活動における学級担任の役割として重要なのかが?(実態としては大事なんでしょうが)
一見して、(ア)も(エ)も〇のように思えてしまいますが、ここはやはり(イ)と(ウ)が外国語活動における学級担任のメリットとして王道だろうということで③を正解選択肢に私は選びました。実際受講された方のご意見をお伺いしたいと思います。
 問11も難問でした。(ア)も(イ)も前半部分の記述はテキストにもまとめてあるのでいいと思うんです。でもそのあとに「グローバルな云々」とか「国際社会で云々」といううんちくだらだらの部分が?なんですよね。まあ、でも前半の記述は〇だから、ということで①が正解ということにしました。この問題についても受講者のみなさんのご意見をお伺いしたいと思います。
いずれにせよ、この2問とも例の悪名高き「変則四択」問題です。本当にいい加減、やめてほしいと思います。出題者の見識が疑われます。こういう出題は。

日曜日
問1  1 第1章 過去問
問2  4 第2章 過去問
問3  4 第2章 新傾向(穴埋め)簡単
問4  3 第3章 過去問
問5  1 第4章 過去問
問6  1 第4章 新傾向(変則四択)ふつう
問7  3 第5章 過去問
問8  4 第6章 過去問
問9  3 第6章 新傾向(変則四択)ふつう
問10 3 第7章 過去問
問11 2 第8章 過去問
問12 1 第8章 新傾向(変則四択)難


日曜日は新傾向に変則四択問題が3問も出されました。問題作成者はこの形式に、はまっていますね。えらい迷惑です。土曜日の問題より難易度は低いようでした。問12のようなALT関連の事柄は、中・高の現場で英語教育に携わっている人でもなかなか現状はわかっていないので、ましてやそうじゃない方にとっては難問かと思われます。

生徒指導と教育相談

生徒指導と教育相談
土曜日 
問1  1 第1章 過去問
問2  4 第2章 過去問
問3  3 第3章 新傾向 難 自信ありません *みなさんのご指摘で修正いたしました。
問4  2 第4章 過去問
問5  1 第5章 新傾向 簡単(消去法で)
問6  4 第6章 新傾向 簡単(過去問の変形)
問7  3 第7章 過去問
問8  3 第8章 過去問
問9  3 第1章 新傾向 やや難
問10 1 第3章 新傾向 簡単
問11 4 第5章 新傾向 簡単
問12 1 第7章 新傾向 簡単(過去問の変形)


12問中7問が新傾向の問題でした。細かな専門的タームを問う問題などもあって侮れません。

日曜日
問1  3  第1章 過去問
問2  4  第2章 新傾向 やや難
問3  3  第3章 過去問
問4  3  第4章 過去問 
問5  3  第5章 過去問
問6  4  第6章 過去問
問7  4  第7章 新傾向 
問8  1  第8章 過去問 
問9  2  第2章 新傾向 簡単?
問10 1  第4章 新傾向 ふつう
問11 4   第6章 新傾向 簡単
問12 3   第8章 新傾向 簡単

問2は、「サンクション」ということばが微妙(そんなことば覚えてどうする?)ということと、④の「感情移入による理解」というのにちょっとひっかかって考えてしまいました。
問9の正解は「発育急進期」とはわかるんですが、この言葉、テキストのどこにも見当たりませんでした。講義の中で出てきたのでしょうか。
覚えても何の役にも立たない専門用語をからめた試験問題はホントやめてほしいです。

スクールカウンセリング

スクールカウンセリング

土曜日 
問1  4 第1章 過去問
問2  2 第1章 新傾向 難
問3  1 第2章 過去問
問4  1 第3章 過去問
問5  4 第3章 新傾向 ふつう
問6  2 第4章 過去問
問7  4 第5章 過去問
問8  4 第5章 新傾向 簡単
問9  1 第6章 過去問
問10 4 第7章 過去問
問11 2 第7章 新傾向(過去問の変形)簡単
問12 1 第8章 過去問

 問2ですが、「心理」「テスト」「アセスメント」ということばはテキストに出てきますが、
選択肢にあるような「心理テスト」「心理アセスメント」ということばが出てきませんのでそのぶん戸惑いました。

日曜日
問1  1 第1章 過去問
問2  3 第2章 過去問
問3  2 第2章 新傾向 簡単
問4  1 第3章 新傾向(過去問の変形)簡単
問5  3 第4章 過去問
問6  3 第4章 新傾向 簡単
問7  4 第5章 過去問
問8  1 第6章 過去問
問9  2 第6章 過去問(過去問の選択肢の順番を変えているだけ)
問10 2 第7章 過去問
問11 1 第8章 過去問
問12 3 第8章 新傾向 簡単


情報社会に対応した学校教育

情報教育

土曜日 
問1  1 第1章 過去問
問2  2 第1章 新傾向 難 ちょっと自信ありません
問3  1 第2章 過去問
問4  1 第3章 過去問
問5  1 第3章 新傾向 簡単
問6  3 第4章 過去問
問7  1 第5章 過去問
問8  2 第5章 新傾向 ふつう
問9  3 第6章 過去問
問10 2 第7章 過去問
問11 2 第7章 新傾向(昨夏土曜日の問題の穴埋め部分を変えた問題)簡単
問12 1 第8章 過去問

日曜日
問1  3 第1章 過去問
問2  3 第2章 過去問(昨夏土曜日出題の新傾向問題が早くも過去問として登場)
問3  2 第2章 過去問
問4  2 第3章 過去問
問5  4 第4章 過去問(昨夏土曜日出題の新傾向問題が早くも過去問として登場)
問6  3 第4章 過去問
問7  2 第5章 過去問
問8  2 第6章 過去問
問9  2 第6章 新傾向(昨夏土曜日の新傾向問題の穴埋め部分を変えただけ)簡単
問10 4 第7章 過去問
問11 4 第8章 過去問
問12 2 第8章 新傾向(昨夏土曜日の新傾向問題の穴埋め部分を変えただけ)ふつう

昨夏のリニューアルから、それまでの「3分で終わってしまう小学生でもできる問題」から、情報教育の本質的な意味を問うような問題が出題されるようになったこの科目。土曜日の傾向はそのままでしたが、日曜日の試験は、早くも昨夏の問題が使いまわされるなど、土曜日と少し難易度の差が出たような気がします。過去問で試験対策をした日曜組にとってはラッキーだったのではないかと思われます。

学校経営

学校経営

土曜日 
問1  3 第1章 過去問
問2  1 第1章 新傾向(学校教育法第37条第1項及び第2項)ふつう
問3  4 第2章 新傾向 超難 自信まったくありません
問4  2 第3章 過去問
問5  2 第3章 新傾向(過去問のアレンジ)やや難 ひっかけ気味
問6  2 第4章 過去問
問7  4 第5章 過去問
問8  4 第5章 新傾向 簡単
問9  2 第6章 過去問
問10 1 第7章 過去問
問11 1 第7章 新傾向(過去問のアレンジ)簡単
問12 2 第8章 過去問


問3の設問には、そもそも「○○について」という記述がなく、いきなり「正しいものを選べ」となっています。選択肢の内容が何について書かれたものなのかを示さないと、受験者は意味がわからないと思うのです。ここは、「『現行の学習指導要領が掲げる基本的な方針について』次の①~④のうちから,正しいものを一つ選べ」ということなんでしょうけど。ただでさえ難しい問題なのだから、いい加減な設問のつくり方、しないでほしいです。

日曜日
問1  3 第1章 過去問
問2  3 第2章 過去問
問3  1 第2章 新傾向 やや難
問4  4 第3章 過去問
問5  4 第4章 過去問
問6  1 第4章 新傾向 簡単
問7  4 第5章 過去問
問8  3 第6章 過去問
問9  1 第6章 新傾向(過去問のアレンジ) ふつう
問10 1 第7章 過去問
問11 2 第8章 新傾向(過去問の一部選択肢を変えたもの)簡単
問12 1 第8章 新傾向 簡単(現職教員の場合)

私はずっと選択科目としてこの学校経営を取ることを推奨をしてきませんでした。現職でない方にとっては特に。直接的に日常の教育活動と結びつかない内容が多いために難易度が高いからです。(知らなくてもいい内容という意味ではありません。あくまで免許更新の科目としてです。)管理職を目指すひとならともかく、研修のつもりであってもやはり今後も受講はおすすめしませんね、ただ、他の科目の難易度が、学校経営の難易度に少しずつ近づいていく傾向があることを管理人は心配しています。

環境教育の実践

環境教育

土曜日
問1  3 第1章 過去問
問2  2 第1章 新傾向(「環境事象のインターリンケージ」の図)難
問3  2 第2章 過去問
問4  3 第3章 過去問
問5  2 第3章 新傾向 簡単
問6  4 第4章 過去問
問7  2 第5章 過去問 (実に3年ぶりの出題です!)
問8  1 第5章 新傾向 簡単
問9  3 第6章 過去問
問10 4 第7章 過去問
問11 4 第7章 新傾向 ふつう
問12 4 第8章 過去問

日曜日
問1  1 第1章 過去問
問2  2 第2章 過去問
問3  2 第2章 新傾向 簡単
問4  1 第3章 過去問  
問5  1 第4章 過去問
問6  1 第4章 新傾向 簡単
問7  2 第5章 過去問
問8  2 第6章 過去問
問9  4 第6章 新傾向 ふつう
問10 3 第7章 過去問
問11 4 第8章 過去問
問12 4 第8章 新傾向 ふつう

どうでしたでしょうか?

一通りなんとか模範解答づくりが終わりました。
はっきり言って・・・疲れました!
問題解きながら、なんでこんな問題出すのかな、とか、腹が立ったり、うんざりしたり・・・
みなさんの解答はいかがだったでしょうか?
もし間違いがあればご指摘ください。

放送大学の評価基準の「都市伝説」
まだその真偽は明らかになっておりません。
もし皆さんの中で、「確かに2問以上間違えたのに〇Aだった」とか、
「明らかに6問以上間違えたのに合格した!」という方がおられましたら
1ヶ月後、成績通知表が届き次第、ご報告ください。

試験が終わってみなさんの、いつもに戻ったような明るいコメントをたくさんいただき、管理人も少し元気が出てきました。
ありがとうございました!
一応、これを持ちまして2016年度冬期放送大学教員免許更新講習・修了認定試験のすべての伴走を終わりたいと思います。
10年後、もし運が悪ければまた再会するかもしれませんね。
それから、いつか、どこかで、この放送大学で免許更新をされた方々とオフ会なんかできたら・・・
なんて空想しています。

「ドジさん」はいつでもあなたの中にいます。
どうか、お身体を大切にされて
「テキトー」にがんばってくださいね。

さようなら。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ