FC2ブログ

問1 なぜ小学校英語?

問1小学校で英語が必要な理由について述べた文でもっとも適切なものを選ぶ問題。

①中学校英語の前倒しで全体的な英語の時間を増やせる。 ②小学校で英語を始めたほうが発音がうまくなる。 ③英語の文法や語彙を十分に教えることができる。 ④小学校の体験学習で中学校からの理論学習がすすむ。

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

①と③はほとんど同じことを言ってますね。小学校英語の導入は中学英語の前倒しではない、と講習の中で繰り返し述べられています。②はまあ、そういうこともあるかもしれませんが、それが導入の目的とは言えないでしょう。ということで
正解は④
小学校英語は、中学への「助走」であり、「基礎」を教えるんじゃあなくて「素地」を養うことが目的らしいです。「素地」とは何ぞや?といえば、「積極的にコミュニケーションをとろうとする意欲」だそうです。ようするに、英語に楽しく出会い、英語学習に抵抗感を抱かせないようにすることみたいです。
スポンサーサイト



問2 役立つ英語とは?

問2 英語を学びはじめの人のコミュニケーションに役立つ英語について述べたものでもっとも適切なものを選ぶ問題。

①聞き取れるやさしい英語 ②そのまま使える便利な表現 ③基本的な単語 ④基本的な文法

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

①は意味がわかったようでわからない選択肢。抽象的な規則(文法)や語彙は、コミュニケーション表現の初期の段階では重要じゃないそうです。
正解は②
こういうのを「決まり表現」とか「チャンク表現」と言うそうです。How are you? とかNice to meet you. とかいうやつです。語句をばらばらに覚えるんじゃあなくてひとまとまりとして覚えて使う、使って通じて喜ぶ、理屈や単語を覚えるのはずっと後で、というわけです。

問3 指導体制

問3 学習指導要領に記載されている小学校英語の指導体制で正しいものを選ぶ問題。

①学級担任がひとりで責任もって指導 ②ALTをすべての学校に配置 ③学級担任と、ALTまたは地域人材のチームティーチング ④地域人材とALTが中心で学級担任が補助

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

小学校英語の指導体制はTTが基本のようですが、TT(Team Teaching)というのは本来複数の指導者が対等な関係でお互いに協力し合いながらすすめる教授法でしょう。どっちかが主でどっちかが補助、というものじゃあありません。学級担任は子どものことを一番よく知っている立場にありますから、子どもたちの「見本」になって取り組むことで「最高の支援」になるそうです。ALT(外国語指導助手)は本来的にはどの学校にも配置できたらいいのですが、予算の関係でそこまではできないようです。それを補うのは英語が堪能な「地域人材」というわけです。というわけで
正解は③
でも、最近では高校や中学のALTでさえもその数が減らされていると聞きます。教育委員委員会が直接雇用するのではなく人材派遣会社に外注するケースもあってトラブルも起こっています。小学校英語を導入するんだったらお金をかけてALTの数を圧倒的に増やさなければしょうがないんじゃあないでしょうかねぇ。

問4 外国語活動

問4 学習指導要領・「外国語活動」の文で、(  )内に当てはまる語の正しい組み合わせを選ぶ問題。

「日本と外国の文化について、( あ )に理解を深めることができるよう、次の事項について指導する。
 ・・・日本と外国との生活、習慣、行事などの違いを知り、( い )があることに気付くこと。」
①(あ)系統的 (い)多様なものの見方や考え方 ②(あ)系統的 (い)他の国にない日本の良さ ③(あ)体験的 (い)多様なものの見方や考え方 ④(あ)体験的 (い)他の国にない日本の良さ

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルC
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

小学校英語は、英語を「勉強する」というより、英語でのコミュニケーションを「体験する」というコンセプトです。国際理解とか国際交流というのは、「対等・平等」な関係として他国の文化を知り、「多様性」を認め合うことが前提となります。したがって
正解は③

問5 言語的知識

問5 コミュニケーションのための言語的知識がもっとも効率的に身につく状況を選ぶ問題。

①CDや先生の発音を真似て反復練習する ②実際にうまくコミュニケーションができなかった後、自分で調べたり教わる。 ③話し相手がいて、実際に話してみる。 ④あらかじめ文法をしっかり勉強する。

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

①も③もコミュニケーションのための英語力をつけるには大事な姿勢ではあります。④は「はじめに文法ありき」で、いままでの英語教育の誤った考え方。 ここでは「言語的知識がもっとも効率的に身につく状況」です。言語的知識は、「コミュニケーションを図る際に知的ギャップに気づき、それを埋めるために学ぶときに最もよく身に付く」らしいです。つまり、何か相手に伝えたいことがあったけどうまく伝えられなくて悔しい思いをして後でこう言ったらよかったんだ、と気が付くことが大事だというわけです。したがって
正解は②

問6 教材の活用

問6 教材の活用についての記述で正しいものを選ぶ問題。

①「英語のノート」は教科書ではないので、必要に応じて自主教材を使ってよい。 ②「英語ノート」は教科書なので必ず使わなければならない。 ③「英語ノート」は教科書ではないが、自主教材は著作権の問題で使用できない。 ④「英語ノート」は教科書だが、市町村が経費負担をして自主教材も使用できる。

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

「英語ノート」なんてあるの知らなかったですよ。それに「小学校外国語活動」というのは教科ではないそうです。したがってテストも評価もなし。当然、教科書もなし、というわけです。「英語ノート」は、たぶん、小学校へ英語学習を導入するにあたって、何をどうやっていいかわからない先生のために、ガイドライン的な教材としてつくったものと思われます。講習の中では盛んに「英語ノート」に頼った授業、「英語ノート」を宿題に出す授業、などを戒めています。「まとめ」でちょこちょこっとやらせる程度でいい、と言っています。指導者の創意工夫こそが大事、というわけですか。
正解は①

問7 活動内容

問7 高学年児童にもっとも適する活動内容を選ぶ問題。

①たくさん聞いてそれを復唱する。 ②身体を動かす歌やチャンツをたくさん練習する。 ③絵本の読み聞かせを聞いた後それを暗唱する。 ④一定の内容を聞いた後、それにたいするクイズが出る。

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルA
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

私にはこの問題が一番むずかった。この科目の中でというより、すべての科目の中で、と言い切ってもいいです。②か④でずっと迷い、②を選びましたが、試験が終わってからも確証が持てませんでした。とにかく毎回の講習の中で、後半部に具体的な授業の展開例がいろいろ紹介されていて、子どもたちが楽しそうにチャンツをしているのが印象的でした。で②を選んだわけです。でも、第6章のテキストにはこういうことが書かれています。「5,6年生の場合、身体を大きく動かすような子どもっぽいゲームは好まないが、頭を動かすクイズとか・・・・などは大好きである。」これを読むとなんか、④が正解のような気がしてきました。そんなこんなで受け取った成績通知表を見ると、この科目、マルA。(全問正解・・・ですよね?)ということはやっぱり
正解は②

問8 「総合的な学習の時間」との関連

問8 学習指導要領の中の「総合的な学習の時間」についての記述で(  )内に当てはまる語の組み合わせを選ぶ問題。

「(7)指導計画の内容と作成の取扱い 
各教科、道徳、外国語活動及び特別活動の( ア )を留意しつつ、第1の目標並びに第2の各学校において定める目標及び内容を踏まえて( イ )を行うこと。」
①ア 目標及び内容との違い イ 類似した学習内容 ②ア 目標が類似していること イ 類似した学習内容 ③ア 目標及び内容との違い イ 適切な学習内容 ④目標が類似していること イ適切な学習内容

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルC
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

新学習指導要領を読んだことがなくても、文意の流れから判断できる問題。正解以外はどれを入れても日本語としてどうよ?って感じになります。したがって
正解は③
蛇足ですが、学習指導要領の記述そのものも「これ日本語としてどうよ?」って印象をいだくのは私だけでしょうか?

まとめ

以上8問をまとめると

レベルA問題: 問7(第7章) 以上1問
レベルB問題: 問1(第1章),問2(第2章),問3(第3章),問5(第5章), 問6(第6章) 以上5問
レベルC問題: 問4(第4章),問8(第8章) 以上2問
レベルD問題: なし 以上0問

小学校英語はさまざまな議論を経ての今回の学習指導要領での導入ですので、講師も気合が入っています。その分、問題はやや難しめ。とはいえテキストを読めばわかる範囲。小学校の高学年を受け持つ方は受講をお勧めします。講習の最後の15分くらいは実際に役立つ教室での活動の具体例が示されています。中学校や高校の英語教員も自分の今後の授業構想に参考になる点が多いと思いますのでこちらにも受講をお勧めします。それ以外の人は・・・まあ言語教育に興味があれば、という程度ですかね。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ