FC2ブログ

冬期更新講習の募集が始まります!

暑い暑い夏期の修了認定試験が終わり、
いつまでも暑いと思っていたら、
あっという間に秋が深まってきましたね。
このところ私にしては珍しく多忙をきわめ
ブログ更新や、せっかくいただいたコメントに
お返事できず、失礼をいたしております。

そうこうしているうちに、冬期の更新講習の募集が
11月1日より始まります。

冬期教育免許更新講習募集要項
夏期更新講習を受講されたたくさんの方々に、
アンケートにお答えいただきました。
深謝です。
まだその集計ができていないのですが、
(近々にアップできると思います。)
その中で、「このサイトを知る前に放送大学に申し込んだ。」
という方が圧倒的に多く、「申し込む前に知っていれば・・・」
という「後悔」というか、悔しさを吐露されていた方も少なくなかったので、
とりあえずは言っておきますね。

あなたの更新講習ライフは、このサイトにたどり着いた限り、おいしいものになるはずですよ。
ただし、「学校経営」は選択しないほうがいいですよ。
これ取ると、半分は地獄になります。

募集要項をざっとみるに、講師陣の変更はないようです。
放送大学も少しずつ受講者を増やしている様子で、
(このサイトも多少なりとも放送大学の「集客」に貢献していると思いますが、挨拶にもきませんね。
来ないほうがいいけど・・・)
地区によっては定員が早めに埋まってしまうこともあるようなので、
早めの決断と受講申し込みが必要です。
このサイトに掲載されている、
「先輩」方のコメントに目を通され、
また、近々アップするアンケート結果を
参考にして、お早目の決断をお勧めします。

まあ、ここにたどり着いた人は、即申し込み準備をしても間違いはないと思いますよ。

スポンサーサイト



いよいよ今日から申し込み開始!

 いよいよ受講申し込みの受付が始まりました。いくら放送大学の受講希望者が増えてきたといっても、すぐに定員が埋まってしまうとは思えませんが、それでもなるべく早めに申し込んだほうがいいと思われます。地域によっては、早く埋まってしまうし、早く決めといたほうが精神的にも落ち着くしね。
 皆さんが放送大学で免許更新をするのをお手伝いをすべく、夏期のアンケート結果を現在、鋭意アップ中です。ちょっと時間かかるかもですが、もちろん、締め切り前までにはアップ完了しますんで、是非参考にしてくださいませませ。


2013年度夏期受講者アンケート調査結果

受講希望者必読!先輩からの珠玉のアドバイス!!

放送大学の冬期講習受講受付が始まっています。
放送大学での受講をお考えの方、まだ迷っている方、お申し込みの前に本年度夏期講習を終えた先輩諸氏からのアドバイスをご覧あれ!

先輩からの珠玉のアドバイス

コメントありがとうございました!

土曜日組のみなさん
修了認定試験、お疲れ様でした。
そして、コメントありがとうございました。

「教育の最新事情」の問題は、土曜日と日曜日で変わりますので
みやぎいしこさんのコメントなどを参考に、日曜日の問題を予想してみるのも楽しい?かも。
私の「大胆な」予想は、ばっちり当たっていたのもありましたね。(はずれもありましたが)

土曜日組のコメントを参考に、日曜組のみなさん、がんばってください!
いってらっしゃい!

本当にご苦労様でした!

皆さん
2013年度冬期教員免許更新講習修了認定試験、ご苦労様でした。
コメントをいただいたみなさん、
さっそくアンケートを寄せていただいたみなさん
ありがとうございます。

みなさんからいただいたコメントは、すべて次に続く受講者・受験者の方々のお役に立つように有効活用したいと思います。
また、管理人への温かいお言葉もたくさん頂戴しました。
このブログが少しでも皆さんのお役に立てたとしたら、
それは私の最大の喜びであります。

もしよろしければ、お近くの同僚の方で免許更新対象者がいらっしゃいましたら、薦めてみてください。
そしてこのブログのことも。

教員免許更新制度は、現総理大臣が教育基本法の改悪とともに導入した間違った制度です。
その目的は「教員の資質向上」とか「不適格教員の排除」とかいろいろ言われていますが、資質向上なら、管理職を含めて更新しなければおかしいし、「不適格教員」とは何かということもはっきりしません。たとえそれが「教師に不向きな人」だとしても更新制度で「排除」できるとは思えませんし、「排除」すべきなのかどうかもわかりません。
私の想像では、彼の目的は「国の方針に素直に従う教師づくり」だと考えます。
今は講習内容こそ比較的自由ですが、だんだんと教科書検定のようにしばりをかけてくると思います。
「従軍慰安婦」とか南京大虐殺はなかった、とか、原発は必要だと教える教師をつくるためではないかと。
今、政府が地方教育行政法の改悪で、教育への政治介入の道を開こうとしているのも同じ目的だと思われます。

私がこのブログを続けられる力は、ある意味そういう人たちへの「怒り」でもあるのです。

あんまり政治的なことを書くと「攻撃」を受けて、このブログを続けられなくなるかもしれませんのでこれ以上はやめておきましょうね。

とにかく、
みなさん
ご苦労様でした。

もし、評価をもらって「おかしい」ということなどありましたらまた情報を寄せてください。
「放送大学下駄はかせ説」は今だに解明されていない「都市伝説」です。

暇なときにこのブログをのぞいてみてくださいね。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ