FC2ブログ

教育の最新事情

教育の最新事情
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。
※解答は必ずしも正確ではありません。(まったく自信なし)
※コメントは読み流して下さい。
問1教師は教える専門家であり学びの専門家でもあるといわれる点について,適切でないものを選ぶ問題
①教科にかかわる教養を高めていくこと求められる。
②同僚と学び合うことが求められる。
③IT機材等の進歩に対応できる特定の専門家を育てることが求めらる。
④子どもに対応できるような学びの質を追求する姿勢が求められる。


答え ③
IT機器を操作できない人は「退場」ということですか。
Powerpoinでプレゼンをしたりする教師が増えてきました。でもその内容は?
結構どうでもいいような、わかりきったようなものだったりします。
暇さえあらばパソコンの前で仕事をしている教師が多くなりました。
その分、子どもたちと遊んだり、対話する時間が少なくなっています。
ITCもいいけれど、もっと大切なものが教育現場からなくなっていくような・・・


問2教師論としての「人物論」には含まれないもの選ぶ問題
①『教育者の精神』
②『理想の小学教師』
③『現代の教育者』
④ILO・ユネスコ『教員の地位に関する勧告』

答え ④
④は1966年に日本も含めて批准したものですが、とっても大事な国際協定のようなものです。
教員の社会的地位と、教育労働環境と条件の向上を目的にしてます。日本のそれは遅れていて
ユネスコから度々勧告を受けていますが、改善しようとしていません。
人物論なんてどうでもいいですから、このユネスコ勧告をもっと周知徹底させてほしいな。


問3 成人の学習の特徴について適切でないものを選ぶ問題。
①学習者が中心
②学習者のニーズを配慮
③具体的・実践的な学習内容
④一方的な講義法
答え ④

④は子どもの学習においてもよくないだろうし、②~③も子どもの学習にも大事な視点です。

問4 経済格差が学習に及ぼす可能性について適切なものを選ぶ問題。
①小学校教育段階では易しい学習内容なので,格差は問題にならない。
②日本では経済格差は極めて小さいので,学習とは関係がない。
③親は誰でも子どものために教育的な投資を惜しまないので,学習には影響しない。
④所得の中央値の50%以下(相対的貧困率)の世帯の子どもはかなり存在する。
答え ④

ですが、何か問と答えがちぐはぐ。
「及ぼす可能性」の答えが「かなり存在する」っておかしくね?
でもこれしかまともな選択肢はないしなぁ・・・


問5教育的機能が働く集団活動の条件のうちから,適切でないものを選ぶ問題
①子どもたちが共通に興味や関心を抱く内容のもの。
②助け合って継続的に活動すれば達成できるような一定の困難性を持つもの。
③集団活動の効果が、目に見えて、すぐにあらわれるもの。
④自由意思の参加形態で、中心となれる少数の子どもが役割を担うもの。
答え ④

「自由意思」の参加形態、というのはいいと思いますよ。
なんかやたらと「強制参加」が多いし。
「ボランティア活動」にも全員強制参加って、言葉が矛盾してるって。
volunteerは自発的に働く人のことで(「志願兵」という意味もある)、決して「奉仕活動」のことではありませんから。


問6いじめについて正しいものを選ぶ問題
①加害者と被害者からなり、継続的かつ閉鎖的な歪んだ二者関係である。
②教師は「大人である」なので,いじめの被害者,加害者にならずにすんでいる。
③当人がいじめと受け取り苦痛に感じていることが,何より重要である。
④「冷やかし」や「からかい」は親しみの表現である場合もあり,いじめには含まれない。
答え ③


問7特別支援教育の対象について,正しいものを選ぶ問題
①特別支援教育は軽度の発達障害のみを対象
②特別支援教育は軽度の発達障害を対象とはしていない。
③特別支援教育は軽度の発達障害も対象に含めている。
④特別支援教育は軽度の知的障害を対象とはしていない。
答え ③


問8 改正教育基本法に関して説明した文中の空所に補う適語を選ぶ問題
         文章略
①教育振興基本計画
②学校教育法
③地方教育行政の組織及び運営に関する法律
④教育公務員特例法

答え ②
対策にも書きましたが、教育基本法が「改悪」されてから
一番変わったのが学校教育法だということを覚えておいたほうがよいと思います。


問9 新学習指導要領で改訂された点として,正しいものを選ぶ問題
①中学校では,各学校の裁量による選択教科の時間数が増加。
②小学校5・6学年で,外国語活動が必修となった。
③中学校で「総合的な学習の時間」が必修からはずされた。
④芸術系の教科の時間数が一番増えた
答え ②


問10 適切でないものを選ぶ問題
①重要なことは職員会議で議決をし,校長が学校を代表して責任を担うことが望ましい。
②学校組織マネジメントは,学校づくりを見通し、教職員が目標とする児童・生徒の教育に協働してあたることを促す。
③学校教育法で各学校が教育活動その他の学校運営の状況を自己評価するようになった。
④子どもの教育や保育をつかさどりながら,他の教職員の指導・助言を行う指導教諭が定
められた。

答え①
①は本当は必要なことです。「校長の権限」とか言ってますが、教育現場で上命下達はそぐいません。
むしろ、③や④なんか必要ないものです。
なんでこう必要なことをやらずにいらないものばっかりやるんだろう。

問11同僚性の構築を阻むものについて適切なものを選ぶ問題
①負担の多い授業研究業務
②口だけで、助けしようとはしない態度
③一役一人のように個人が責任を負うシステム
④組織的な対応に追われること

答え ②
②は笑える答えですが笑えない人も多いでしょう。
「いるいるそういう人、とくに管理職」
③は逆説的にかえって助け合いができたということらしいですが、一般化はできないと思います。
何よりも、学校現場が忙しいこと、これこそが同僚性の構築を阻むものです。
その最たるものがこの「教員免許更新制度」。
選択肢の中にこれを入れれば、◎確定!



問12「開かれた学校」の当初の実践について適切なものを選ぶ問題
①保護者・地域住民による公立学校管理の仕組み作りから出発。
②学校の小規模化で、学校施設にコミュニティ施設が複合することから出発。
③保護者や地域住民が学校の活動に協力することから出発。
④NPO等が学校教育の支援活動をし始めたことから出発。

答え ③

問13学校をめぐる法的問題に関して,適切でないものを選ぶ問題
①公立学校の教員は,体罰等教育活動そのものおける事故と,学校の施設・設備の不具合等に起因する事故の両方に損害賠償責任を負う。
②教育訴訟において教員の立場は,原告側中心から,被告側中心へと移行しつつある。
③教員と児童・生徒間のトラブルに関し、学校や教育委員会に直接苦情を申し入れる保護者が増加している。
④全て教員は,正当な理由がない限り,授業時間中,原則として教室等に在席し,児童・生徒の安全を確保すべき法的義務を負っている。
答え ①

問14 学校の施設・設備の安全点検について適切でないものを選ぶ問題
① 学校安全計画の中に,学校の施設・設備の点検を入れなければならない。
②場所によっては触れたり,実際に動かしたりして点検することが重要である。
③専門業者が行うので,教職員はやらないほうがよい。
④過去の事故例を参考にしたり,児童生徒の使用を念頭において進めることが大切である。
答え ③

問15 学校週5日制の導入・拡大について,必ずしも妥当とは言えないものを選ぶ問題
①その過程で,「新しい学力観・学習観・評価観」や「総合的な学習の時間」が導入。
②「学力低下」論が盛んになり,私立学校の人気が高まった。
③「自ら学び考える力」の形成などの、いわゆる「ゆとり教育」改革の目的が達成された。
④その背景には,労働時間の短縮,週公務員の週休二日制の実施があった。

答え ③
「詰め込み教育」の反省として生まれたはずの「ゆとり教育」が、「学力低下」の原因にされ、揺れ戻しで、学校5日制の見直しが議論されています。
時間数や登校日数を増やしたって学力が伸びるもんじゃあありません。もうそういうことをたいがい学べよ日本人、って思います。「人材育成」なんていやな言葉も聞きます。今や学校は「人間育てる」場ではなく、国際競争を勝ち抜く「人材育成」の場になりつつあります。実際にはそういう「人材」はほんの数パーセントにしかすぎません。残りの子どもたちは、いずれは日本を裏切っていくそういうグローバル企業の「人材」のために犠牲になるのです。「日本を取り戻す」っていうのはそういうことじゃあないでしょう!安倍さん!



スポンサーサイト



現代の生徒指導

現代の生徒指導
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。
※テキストがないので解答はほとんど自信ありません。
※コメントは読み流して下さい。

問1 空欄に当てはまる適切な用語を選ぶ問題
      文章省略
①自己期待的予見
②自己成就的願望
③自己願望的期待
④自己成就的予言
答え どうでもいい。(わかりませーん)

「ピグマリオン」効果なんてどうでもいいですし、答えもこんなことば覚えてどうだっての?お金と時間を返してよ!的な問題

問2 子どもの問題行動と生徒指導について,適切でないものを選ぶ問題
①生徒指導は,生徒の性格・態度・行動を変えていこうという教育活動である。そのため教師は,生徒に対して明確な行動基準・判断基準を示さなければならない。
②子どもの問題行動はさまざまである。教師全員が共通理解をして同一歩調をとる必要はない。
③生徒指導には,問題行動の対策や防止といった消極的生徒指導と,子どもの人格的発達を促すという積極的生徒指導とがある。
④子どもの問題行動を子ども自身が解決していけるように指導・援助していくために,教師は,子どもの立場に立って共感的に理解する必要がある。
答え わかりましぇーん ①であってほしい。

①の性格を変えるなんて神様でもあるまいし、ありえない。
②の「同一歩調」はよく教育現場で言われる「一致した指導」とか「一枚岩で」と言われるものですが、これがかえって同僚性を阻害する原因でもあります。多様な教師が多様なアプローチで協働して子どもたちに向かう、協働=一致した指導 ではないということが肝心です。じゃあどこで一致するんですって? それはもう、旧教育基本法の第1条、教育の目的に書いてあったことです。
もしこの問題、答えが②だったら、この講師、免許更新講習やめたほうがいい。

問3  友人関係についてもっとも適切なものを選ぶ問題
① 小学校段階の友人関係は,常に不安定である。
② 特定の友人と深く付き合うより,広く浅い付き合いの中で子ども達は成長する。
③ 友人がいなくてもしっかりした家族関係で,人間関係の経験を補える。
④ 大学生になる頃には,異なる価値観や意見を持つ友人とも対等に関わり,違いから学ぶことが出来るようになると期待されている。
答え ④かなあ

でも、みんながみんな大学生になるわけではないでしょう?それに「できるようになることが期待されている」って言い方、何なの?意味わかりません。

問4コラボレーション(協働)について,適切でないものを選ぶ問題
① 異なる立場や人による協働作業とその成果のこと
② 情報を共有することが大切である。
③ 意見の違いが生じるのを防ぐため,決定を下す責任者を決めておくことが必須。
④ 立場の違いを超えて協力し合うことが大切である。
答え ③


問5 McLeanの意欲的な学級について,正しいものを選ぶ問題
① 所属感を養うのは主に,適切なフィードバック。
② 有能感を養うのは主に,適切なフィードバック。
③ 所属感を養うのは主に,適切な慰め。
④ 有能感を養うのは主に,適切な計画。
答え どうでもいい(わかりましぇーん)

どうでもいい問題パート2・無駄な知識。2回出てくる語が2つとも入っている②が正解か? ところでMcleanって誰?きっとアイルランドにルーツがある人なんだろうな。だってMcというのはSon of ~(~の息子)という意味のアイルランド(もしくはスコットランド)特有の名字。つまりMcLeanは、Leanの息子という意味。ちなみにMcDonaldは(ドナルドの息子)という意味です。
でたぁ~、これこそ無駄な知識自慢。


問6 組織的に行う生徒指導について,正しいものを選ぶ問題
① 生徒指導には,チームを組んでの援助はなじまない。
② 生徒指導においても,同僚性の観点は重要。
③ 生徒指導では,予防・成長促進の考えは不要。
④ 生徒指導では,組織よりも個人レベルでの対応が重要。
答え ②


問7「ケータイに対する規制主義と自己規律主義」について,適切でないものを選ぶ問題
① 「青少年ネット規制法」で有害サイトにフィルタリングをかける規制措置を取り決めている。
② 青少年の正しいケータイ使用のために,教師が一方的に強力に規制していくしかない。
③メディア・リテラシーの学習は青少年がみずから自己規律を育む力となる。
④ 小・中学生への規制主義だけでは,ケータイに関するメディア・リテラシーが育たないまま,高校生になってしまう危険性がある。
答え ②


問8 SSWの歴史について,適切でないものを選ぶ問題
①アメリカで貧困家庭の不就学や児童労働といった問題に対応するために20世紀冒頭に始まった「訪問教師」活動がSSWの源流。
② アメリカの「訪問教師」の役割は,子どもの問題を探るとともに,家庭・学校・地域の連係をはかることに焦点づけられていった。
③ アメリカの「訪問教師」は1940年代にSSWと呼ばれるようになった。
④ 日本では「訪問教師」の歴史はこれまで全国どこにもまったく存在しない。
答え ④



学校経営

学校経営
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。
※テキストがないので解答はほとんど自信ありません。

問1 教育課程経営の意義と方法について正しいもの選ぶ問題
① ペーパーワークに頼る教育課程経営のあり方から、教育課程の実質面を検討するカリキュラム・マネジメントへの転換が必要。
② 従来型の教育課程経営の限界は、子ども・保護者のニーズに迎合しすぎたこと。
③学校における「セクショナリズム」の原因となる教育観・イデオロギーによる価値対立を克服する合意形成が必要。
④ 「学校に基礎をおくカリキュラム開発」では,「証拠に基づく」教育実践を迫られる。
答え ①かな。普通に。


問2 正しいもの選ぶ問題
① 学校が変化しにくい保守的な構造を打破する強力なリーダーシップが必要。
② 教師の専門職としての他律性を無限に保障する自由裁量権の拡大が必要。
③ カリキュラム・マネジメントとは,カリキュラム・学校文化・組織マネジメントそれぞれを別々に改善する方法。
④「学校改善」に研究の焦点が移ったのは、改善過程を解明する必要性があるから。
答え ③


問3 カリキュラム・マネジメントの実践について正しいものを選ぶ問題
①自主的・自律的な学校経営には,行政主導の自己責任論が効果的。
②カリキュラム・マネジメントの定着には,学校間の競争システムが必要。
③千葉の小学校の例では、会議の激減でカリキュラム・マネジメントを実現。
④授業理解度を調べれば,カリキュラム評価の参考資料が得られる。
答え ④

問4平成18年度時点での学校評価の現状について正しいもの選ぶ問題
①公立学校の自己評価実施率は,私立学校よりも高い。
②公立学校の自己評価報告書の提出率は,国立学校よりも低い。
③自己評価結果の公表率は,私立学校が一番高い。
④学校関係者評価の実施率は,私立学校が一番高い。
答え ①のような気がするが、だから何なのという問題。

問5 学校評価が求められた社会背景について適当でないものを選ぶ問題
①情報公開やアカウンタビリティへ注目する社会的な動向がある。
②財務面では依然として設置者である教育委員会が一括処理している。
③公共サービス全体について評価が注目されるようになった動向と軌を一にしている。
④自律的な学校運営が求められるようになり,学校の活動を評価する必要がでてきた。
答え ②


問6 学校財務について,正しいものを選ぶ問題
①物品購入後の保管や管理は,学校財務の範疇には含まれない。
②公立学校の財務事務も、学校法人会計基準に準拠する。
③公立学校の予算執行における節間流用は違法行為である。
④公立学校予算の大部分は,当該地方自治体の教育委員会所管の予算。
答え ④


問7 学校運営協議会について,正しいものを選ぶ問題
①公立幼稚園にも学校運営協議会を設置できる。
②学校運営協議会の委員の身分は地方公務員。
③学校の教職員は学校運営協議会の委員になれない。
④学校運営協議会は非公開が原則。
答え ①

問8 学校支援地域本部のメリットとして適当でないものを選ぶ問題
①教員の仕事量の軽減
②空き教室の利用
③住民の様々な力を活用
④国の財政的支援
答え ④


環境教育の実践

環境教育の実践
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。
※テキストがないので解答はほとんど自信ありません。

問1「21世紀環境立国戦略」ついて,適切でないものを選ぶ問題
① CO2排出量が少なく、CO2に依存しない社会。
② 資源循環と廃棄物量を削減する社会。
③ 自然と共生する社会。
④ 人間の活動に合わせて、自然を活用する社会。
答え ④


問2 環境教育の評価について、正しいものを選ぶ問題
①地球温暖化に対して,児童・生徒が二酸化炭素の排出削減により評価
②総合的な学習の時間の中で環境教育を計画し,必ず評価項目を設定する。
③理科と社会科の中で環境に対する内容や項目を設け評価する。
④扱っている各教科のねらいを踏まえて行うために直接評価はできない。
答え ④


問3 環境教育のねらいについて,適切でないものを選ぶ問題
①問題解決学習における発表・表現技能を伸ばす。
②環境に対し,気付きや疑問を基に考え,表現していく能力を伸ばす。
③環境に対する豊かな心情をもつ。
④環境保全のためにできることを考え,協力して問題を解決する。
答 ①


問4 環境教育について、適切でないものを選ぶ問題
①幼いころの自然体験から自然への共感を育む。
②安全のため,学校の敷地内で行う。
③自然に共感している大人の姿を見せる。
④地域の人々の力をかりる。

答 ②

問5 ゴミ分別の意識付けのために配慮すべきことについて,適切でないものを選ぶ問題
①ゴミを分別する場合,リサイクルマークを使うことも指導する。
②ペットボトル類は燃えるゴミとして処理させる。
③ゴミ処理の最終段階を知ることことは,ゴミ分別に効果的がある。
④地域のゴミ収集システムや処理場の見学は効果的である。
答 ②

問6 環境教育の学習内容設定の配慮事項について、空所に入る正しいものを選ぶ問題
       文略

①A:感受性,B:季節を重視する,C:地域の実態,D:身近な現象
②A:行動力,B:発達段階を考慮する,C:学力の実態,D:最先端の省エネ技術
③A:感受性,B:発達段階を考慮する,C:地域の実態,D:身近な現象
④A:行動力,B:発達段階を考慮する,C:地域の実態,D:最先端の省エネ技術


答え 語句の使用頻度で推測すると③

問7 自然体験型プログラムにおいて適切でないものを選ぶ問題
①社会のしくみへの理解
②自然体験を通じての感動。
③自然そのものの理解
④環境保全のために自ら行動する態度。
答 ①


問8 環境教育の評価実施にあたって,適切でないものを選ぶ問題
①各教科の目標やねらい等を踏まえる。
②学校としての環境教育のねらいと照合する。
③学習の指導過程へも行う。
④学習結果に対してのみ行う。
答 ④

スクールカウンセリング

スクールカウンセリング
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。

問1 SCが教師と最も異なるところを選ぶ問題
①子どもへ知識・技能を伝える。
②子どもの頑張ろうとする力を方向づける。
③子どもにやり方を示し教える。
④子どもの可能性や本来持つ力を信じて待つ。
答え ④


問2 教師とSCとの連携について、正しいものを選ぶ問題<
① SCには守秘義務があるので、どんな情報も教師に漏らすことはできない。
② 教師はSCに自分自身に関する相談をすることはできない。
③ カウンセリングの第一の目的は問題の原因をつきとめることにある。
④ SCと面接をしている子どもに対して,教師はそれまでと同様の関わり方を継続していく必要がある。
答え ④


問3 重大な事件・事故後の対応について,正しいものを選ぶ問題
①後々に深刻な心理的影響を及ぼすPTSDは医療的支援をただちに必要とする。
②緊急事態における対応は専門的知識を持つ支援チームに任せるべきである。
③心の傷の早期発見のため,一刻も早く専門家による全員面接を実施する。
④外傷的体験を話したがる子どもには話をさせることが心の回復に有効である。
答え ④


問4 不登校への関わりについて,正しいものを選ぶ問題
①必ず保護者から生育歴を聴き取る。
②怠学傾向の子に対しても不登校かもしれないという視点を持つ。
③常に家族関係に踏み込んだ指導を行う。
④教育相談担当が中心で、担任は補佐的な立場で関わる。
答え ②


問5 発達障害について,適当でないものを選ぶ問題
①自分がどんな気持ちなのかを理解するのが難しい。
②人の気持ちを理解するのが難しい。
③人が交わる場面で起こっていることを理解するのが難しい。
④状況判断の悪い親に育てられている。
答え ④


問6 保護者への対応について,正しいものを選ぶ問題
① 保護者自身の子ども時代の心の傷が大人になっても残っていることがある。
② 配偶者間の暴力被害があっても、専門機関に任せ,学校は関わらなくてもよい。
③ 保護者自身の子ども時代のトラブルは、今では反省していることが多い。
④ 保護者自身のメンタルヘルス上の問題は、できる限り明らかにする必要がある。
答え ①

問7 保育Cの業務について,正しいものを選ぶ問題
① 保育Cは就学後も児童の相談に応じる。
② 保育Cは幼児の発達支援を行う。
③ 保育Cは幼児の健康の維持向上を図る。
④ 保育Cは地域の保護者に対しても支援を行うことがある。
答え ④


問8 SCの守秘義務について,正しいものを選ぶ問題
①知りえた個人情報は,学校関係者間でも厳守されるべきである。
②学校全体で広く守秘義務の意味について考えることが大切である。
③大人の指導責任下にあるので、子どもに関する守秘義務はない。
④教育現場では連携が大切なので情報は全てオープンにすべきである。
答え ②

小学校外国語活動(英語活動)概論

小学校外国語活動(英語活動)概論
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。

問1 小学校外国語活動が必要な理由として,もっとも適当なものを選ぶ問題
①中学校から文法や語彙を教えても間に合わないから。
②他の教科同様、小学校での体験的学習が中学校以降の理論的学習を促すから。
③小学校から始めれば、ネイティヴの発音に近づくから。
④小中高で英語を学ぶ総時間数を増やすことができるから。
答え ②


問2 中学校英語へのつながりについて、もっとも適当なものを選ぶ問題
①最初はチャンク表現が多いが、徐々に英語の文法も教える。
②発音が重視されるので,中学校の英語の発音が良くなる。
③文法や語彙を教えざるをえないので、中学校英語の文法とつながる。
④何度も触れてきた表現は、中学校で分析的な知識として学びやすくなる。
答え ④


問3「TTで指導する」の意味としてもっとも適当なものを選ぶ問題
①Teacher Talkをふんだんに入れた授業をする。
②担任が中心となり、地域人材やALTと組んでチームティーチングをする。
③ALTが地域人材と一緒にチームティーチングをする。
④担任ひとりで教えてはいけない。
答え ②   ※TT=Team Teaching
ALT=Assistant Language Teacher 外国語指導助手(外国人)

問4 学習指導要領の一節で空所に入る正しい語句の組み合わせ選ぶ問題
          略
① (ア)音声やリズム(イ)規則や使い方
② (ア)音声やリズム(イ)面白さや豊かさ
③ (ア)発音や表現(イ)規則や使い方
④ (ア)発音や表現(イ)面白さや豊かさ
答え ②  ※小学校英語は知識的な硬い言葉はNG。


問5 コミュニケーションの道具としてことばを学ぶ際に注意すべきこととして、もっとも適当なものを選ぶ問題
①日常の場面でよく出てくる表現をたくさん覚えておくこと。
②できるだけたくさんの単語を覚えておくこと。
③ことばを問題解決の道具として使えるようになること。
④文法知識をできるだけ正確に使えるようになること。
答え ①か③ 小学校に限ったら①、一般的に言えば③

問6 「英語ノート」の扱いについてもっとも適当なものを選ぶ問題
①教科書ではないので,自主教材や既成の教材を使用してもよい。
②教科書ではないが,自主教材などを使用することは許されていない。
③教科書なので,その内容のすべてを使用しなくてはならない。
④教科書だが,指導要領にそっている他の教材を市町村の費用負担で使用できる。
答え ①


問7高学年児童にあう活動内容でもっとも適当なものを選ぶ問題
①たくさんの英語を何度も声に出して繰り返す。
②たくさんの歌やチャンツつかって身体を動かしながら練習する。
③絵本の読み聞かせができるように英語を覚える。
④まとまった話をかんたんな英語で聞いて、それについてのクイズに答える。
答え ②


問8 小学校外国語(英語)活動を成功させるための体制作りとして,適当でないものを選ぶ問題
① ALTを積極的に採用し、また英語ができる地域の人々の協力を得る。
② すべての学校が一律に同じ条件でスタートラインに立つ。
③保護者の理解を得るため,保護者への説明責任を果たす。
④学校教育目標との関係を整理し,継続的に取り組める校内体制を整備する。
答え ②
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ