FC2ブログ

最新の教育事情

最新の教育事情
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。

問1 現在の日本の教育について適切なものを選ぶ問題。
※今のところ、この講師は毎年同じ問題を出題しています。
①PISAの結果によれば、日本の子ども達の学力は伸びている。
②日本の相対貧困率は比較的低く,学力格差は小さい。
③知識基盤社会では教師の教養の高度化が求められている。
④自律した教師は,同僚に対し教室を閉じ自らの責任を明らかにすべき。

問2 文章中の4箇所の(  )に,「人格的リーダーシップ」,または「制度的リーダーシップ」という語句を入れ、その組み合わせを選ぶ問題。
※超簡単なので、受講しなくてもわかります。


問3 学習スタイルについて適切でないものを選ぶ問題。
①教師の研修や講習は「成人学習」
②成人学習における指導者と学習者の関係は水平的。
③教職専門性の発達は,新たな知識技能の量的増加で実現。
④授業研究や参加型学習により教職経験の省察が推進。


問4「素朴理論」について適切でないものを選ぶ問題。

①素朴理論の限界を明確にし科学的な考え方を導入していくことが大切。
②素朴理論は子どもの理論的な考えの始まりである。
③理科教育は素朴理論を科学理論に変換する試み。
④素朴理論は大人になれば克服される。

問5 「私生活化」について正しいものを選ぶ問題。
①公的事象よりも私的事象を優先させる生活態度。
②公的事象,私的事象両方に関心をもち,それを深める生活態度
③公的事象,私的事象両方にまったく関心を示さない生活態度。
④私生活を犠牲にしてでも公的事象のために貢献しようとする生活態度。

問6 子どものこころの問題について正しいもの選ぶ問題。
①子どもは未熟であり,こころの問題を悩みとして自覚することはない。
②情緒的要因が関与する身体疾患については,こころの問題のあらわれ。
③子どもの非社会的問題行動と反社会的問題行動では対応は大きく異なる。
④教師や周囲の大人たちの働きかけで子どものこころの問題が減少したらしい。


問7 特別支援教育の支援体制について正しいものを選ぶ問題。
①コーディネーターは特別支援学校教諭免許取得者。
②校内委員会には,学校関係者以外は参加不可。
③コーディネーターが校内委員会の運営を推進。
④個人情報保護のため,担任と管理職で指導計画を作成。


問8 改正教育基本法第17条・教育振興基本計画を説明した文章中に入る適切な語句を選ぶ問題。
※要するに「教育振興基本計画」策定の主体はどこか、という問題。
① 政府
② 地方自治体
③ 市町村教育委員会
④ 学校


問9 学習指導要領改訂に至る社会動向について適切でないもの選ぶ問題。
①「ゆとり教育」で学習意欲や基礎学力の低下が指摘。
②「生きる力」という理念の登場。
③教科の時間や内容を削減しすぎたという批判。
④理数離れがすすんでいるという指摘。

問10 学校組織や学校評価の改革について適切でないものを選ぶ問題。
① 学校教育法改正で副校長や副園長職が新設され、教頭職が廃止。
② 学校評価は当該学校の教育活動などについて評価する活動。
③ 主幹教諭は,校長の命により校務の一部を整理し,教育をつかさどる。
④ 校長や園長は自らの学校経営ビジョンを職員に示すべきである。


問11同僚性の構築についてもっとも適切なものを選ぶ問題。
①教科教育とは関係なし。
②主に日頃からの会話や懇親会によって促進。
③管理職のあり方とは関係なし。
④指導方針の共有や授業研究によって促進。


問12「コミュニティ・スクール」について適切でないものを選ぶ問題。
①地域社会を学校教育の場に転換しようという考え方を基礎にした教育運動。
②第二次大戦直後の一時期,米国の教育思想の影響を受け,カリキュラム編成運動として展開された運動も「コミュニティ・スクール」運動と呼ばれていた。
③保護者、地域住民等が参画する学校運営協議会が設置される学校。
④開かれた学校の延長線上に有り,学校と地域社会の緊密な連携を指向。


問13 学校をめぐる法的問題に関して,正しいものを選ぶ問題。
①学校の教員は,一般公務員と比較してより厳しい基準の裁判例が存在している。
②学校の校舎やプールは,公立・私立を問わず,国家賠償法第2条の適用対象となる。
③部活動中に事故が発生しても、教員個人の刑事責任が追求されることはあり得ない。
④校長は、教員からの研修申請を,その内容を問うことなく全て許可しなければならない。


問14 危機管理マニュアル作成上適切でないものを選ぶ問題。
①都道府県ごと共通した危機管理マニュアル。
②管理職不在時でも対応できるマニュアルの作成。
③訓練を実施して問題点をみつけ,マニュアルを改善。
④フローチャートなど,わかりやすい工夫。


問15文章中のに入るべき語句としてもっとも適切なものを,選ぶ問題。

高校進学率が90%を越えた1970年代後半から80年代にかけての,不登校や「学びからの逃走」は、(     )の象徴と言える。
① モラルの低下
② 学校教育に対する拒否
③ 教師に対する反発・反抗
④ グローバル化


スポンサーサイト



スクールカウンセリング

スクールカウンセリング
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは異なります。

問1 不登校を「文化の病」と捉えた人を選ぶ問題。

問2 教師とスクールカウンセラーとの連携について正しいものを選ぶ問題。
①守秘義務のあるスクールカウンセラーは,児童・生徒の情報を教師に伝えない。
②スクールカウンセラーと面接をしている生徒に教師は距離を置くべきである。
③スクールカウンセラーは教師のメンタルケアにも気を配る。
④ 教師とスクールカウンセラーとは常に同じ視点で子ども理解をする。

問3 学校で重大なできごとが起きた後について正しいものを選ぶ問題。
①外傷的体験について話をしたがる生徒には話をさせないように配慮する。
②緊急事態における児童・生徒への対応は支援チームに一任すべきである。
③事故や災害など体験した者同士で語り合うことが,心の傷の回復に役立つ。
④すべての子どもは一切の心的外傷的体験に遭わないよう守られなくてはならない。


問4 不登校の近年の変化について正しいものを選ぶ問題。
① 非行との境目が不明確。
② 発達障害との関連は減少。
③ 神経症タイプの不登校の増加。
④ 困難な家庭を持つ場合が減少。

問5 発達障害への関わりの三層構造について適当でないもの選ぶ問題。
① 「この子どもの障害はどのようなものなのか」
② 「この子どもの障害を,今ここでどのようなテーマにするのが適切か」
③ 「この子どもの行動特徴の中には,発達障害以外から来ている部分もある」
④ 「この子どもの家族に障害をもつ人がいないか」

問6 保護者への対応について正しいものを選ぶ問題。
① 対応が難しい保護者は,専門機関への紹介を行う。
② 難しい保護者は,保護者自身が難しい状況にいることの現われでもある。
③ 学校教育では、保護者自身が抱えている問題に立ち入る必要はない。
④ 保護者にも理性的な対応を強く求めていくことが望ましい。

問7 保育カウンセラーの仕事について,適当でないものを選ぶ問題。
① 保護者の個別相談
② 地域の保護者の個別相談
③ 園児の問題行動のみに注目。
④ 幼児の行動観察と専門的支援。


問8 カウンセラーの全小学校および幼稚園(保育所)への配置が求められている理由で適当でないものを選ぶ問題。 
① 子どもの問題が低年齢化
② 子育てに不安な保護者の増加
③ 自信のない教師の増加
④ 幼少期のしつけ強化

環境教育の実践

環境教育の実践
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは異なります。

問1 環境教育の実施にあたって,適切でないものを選ぶ問題。
①環境問題はものごとを相互関連的かつ多角的にとらえる視点が欠かせない。
②持続可能な社会の実現という目標における具体的な目的を明確化しておく。
③学習者が自ら体験し,感じ,わかるというプロセスを取り込む。
④貧困,食糧,人権や平和などあらゆることの環境と持続可能性のための教育を行う。


問2 環境教育の扱いについて,正しいものを選ぶ問題。
①総合的な学習の時間の中で行うことが望ましい。
②教育活動全体の中で扱うことが望ましい。
③環境保全のみを扱うように学習指導要領に示されている。
④低学年で身近なゴミの処理、高学年で自然観察が基本である。


問3教科における環境教育について,適切でないものを選ぶ問題。
① 国語:自然や環境についての文章
② 道徳:児童会・生徒会の資源回収活動
③ 社会:ダムの働き・水資源について
④ 理科:手回し発電機のしくみ・光電池


問4 環境問題の解決のための方策として適切でないものを選ぶ問題。
① 学校だけで責任を持って取り組む。
② 学校外の組織や人と連携。
③ 地域の教育資源などの活用。
④ 公的・私的教育機関との連携。


問5 環境教育で育成すべき3つの能力で,正しいものを選ぶ問題。
① 自然を愛する心情・環境に対する見方や考え方・身近な環境に対する評価力。
② 環境に対する豊かな感受性・環境に対する見方や考え方を育成・環境にはたらきかける実践力
③ 環境に対する豊かな感受性,環境破壊に対する批判力,環境にはたらきかける実践力の育成。
④ 環境に対する豊かな感受性,環境破壊に対する批判力,身近な環境に対する評価力


問6企業や行政と連携して環境教育を推進することが効果的である理由を選ぶ問題。
①学校では,エネルギーに関する学習は扱わないので,企業の協力を得て行うべき。
②専門家と連携して学習を進めていくことでエネルギーについての学習を深めることができる。
③環境教育は,行政に携わる専門家を講師として招いて行わなくてはならない。
④学校は企業の人材を活用して,省エネ型の電気製品の買い換えについて説明を受けるべき。


問7 環境教育における重要なことについて,適切でないものを選ぶ問題。
① 自然を身近に感じること。
② 自然を保護する行動。
③ 生活のスタイルの転換。
④ 便利な生活を維持。


問8 循環型社会を目指して誰もができる行動について,適切でないものを選ぶ問題。
① 食べ残しをなくす。
② エアコンの温度を適温にする。
③ ゴミの分別を徹底する。
④ 食料品をまとめ買いし、冷蔵庫の中を常に満杯状態にする。

現代の生徒指導

現代の生徒指導
※著作権保護のため、実際の問題とは異なります。

問1 教師のリーダーシップ行動について,正しいものを選ぶ問題。
① 学級集団の目標達成機能と学級集団維持の機能の両方が必要。
② 学級集団の目標達成機能が必要で、学級集団維持の機能は不必要。
③ 学級集団維持の機能が必要で、学級集団の目標達成機能は不必要。
④ 学級集団の目標達成機能も学級集団維持の機能も不必要。


問2 教師集団と生徒指導について,正しいもの選ぶ問題。
① 受容と共感的な態度と教師集団の統一的な対応の両方とも必要である。
② 受容と共感的な態度が必要であり,教師集団の統一的な対応はいらない。
③ 教師集団の統一的な対応が必要であり,受容と共感的な態度をとる必要はない。
④ 受容と共感的な態度をとる必要はなく,教師集団の統一的な対応も必要ない。


問3 児童期について,適切でないものを選ぶ問題。
① 児童期の発達課題は,勤勉性の獲得。
② 児童期は,発達的危機をともなう最大のストレス期。
③ 児童期とは,6歳から12歳までの小学校時。
④ 児童期には、子どもは家族と離れて過ごすこれまでより時間が長くなる。


問4 コラボレーション(協働)について,適切でないものを選ぶ問題。
① 意見の違いが生じたときこそ,お互いの考えを理解するためのチャンス。
② 真のねらいは,親たちの、学校任せにする無責任な姿勢を諌めることにある。
③ 立場の違いを超えて,より対等な関係で繋がるように心がける必要がある。
④ 地域コミュニティや保護者に対する「開かれた学校」づくりに欠かせない。


問5 McLeanの意欲的な学級を形成する要素について,適切でないも選ぶ問題。
① 所有感。
② 有能感。
③ 主体性。
④ 所属感。


問6 学級アセスメントについて,もっとも適切なものを選ぶ問題。
① 学級担任の判断で行う。
② 管理職の理解、組織の協力が必要。
③ 特別なツールが必要。
④ 学年では行わない。


問7 「ケータイ」について,適切でないものを選ぶ問題。
① メールなどの多機能が付加され、「ケータイ」と表記されるようになった。
② 驚くほどの速さの技術変化に,使用する人々の態度も適切に対処できている。
③ ケータイでの「ネチケット」をもっと守る必要がある。
④ 小・中・高校生のケータイの管理責任者は保護者である。


問8「スクールソーシャルワーク」の意味について,適切でないものを選ぶ問題。
①「スクールカウンセリング」とほぼ同義。
② 子どもの問題行動を,福祉や保健の面からも捉える。
③ 子どもの家庭環境や地域環境の改善を促す。
④ 社会福祉士などの専門家,児童相談所など地域の諸機関との連係活動である。


学校経営
※著作権保護のため、実際の問題とは異なります。

問1 教育課程経営の意義・方法について正しいもの選ぶ問題。
① 新しいタイプの教育課程は従来の学校経営の範囲内で編成される。
② 教育課程経営からカリキュラム・マネジメントへの転換は,児童・生徒や保護者のニーズに応えることを目指すもの。
③ 官僚制のもとでの教育課程経営は,ボトムアップによる「下意上達」の流れを強める。
④ 「学校に基礎をおくカリキュラム開発」は,1930年代から提唱され,アメリカの「草の根」運動の中で有名になった。

問2 カリキュラム・マネジメントの方法について正しいものを選ぶ問題。
① 学校組織が変わりにくい原因は,行政・民間の二重構造になっているから。
② 教師文化の特徴は学校の隔離された空間と直接の関係はない。
③ 授業改善の成否は,もっぱら教員個々人の努力にかかっている。
④ カリキュラムは四水準から成っており,注目すべき水準は「児童・生徒が学習している経験内容」である。


問3 カリキュラム・マネジメントの実践について正しいものを選ぶ問題。
① PDCAよりもCAPDの順序で進める方が長短がはっきりする。
② 四層構造のうち,注目されてこなかった水準は「計画される」側面である。
③ カリキュラム評価では,目標準拠型の方法のみが妥当である。
⑤ 迅速な意思決定には、慣例で会議を進めのがもっとも効率的である。


問4「学校評価ガイドライン」に関して,正しいものを選ぶ問題。
① 学校評価には,自己評価,外部評価,第三者評価の3類型がある。
② 自己評価は学校管理職のみで,一般教職員は参加しない方がよい。
③ 第三者評価は保護者や地域住民が行う客観的な評価である。
④ 児童・生徒,保護者,地域住民へのアンケートは,学校評価そのものではない。


問5 学校評価の目的や評価結果の活用方法について正しいものを選ぶ問題。
① 財務やマネジメントについて対象とするものではない。
② 評価の公正さのためには,全教職員が参画すべきであり,まとめに管理職が関わらないほうがいい。
③ 評価結果がよくない場合は、保護者の動揺を招くので教育委員会に伝えないほうがいい。
④ 評価結果は,教育委員会の支援を要請する理由として活用できる。


問6 教育委員会配当の予算額について,正しいものを選ぶ問題。
① 法律で、学校の児童・生徒数を基準に決めるようになっている。
② 文部科学省令で、学校の学級数を基準に決めるようになっている。
③ 総務省令で、学校の教職員数を基準に決めるようなっている。
④ 予算額の決め方は、それぞれの教育委員会によって異なる。


問7 学校運営協議会が持つ権限として,正しいものを選ぶ問題。
① 教職員の任用に関して任命権者に意見表明。
② 校長の罷免。
③ 財務監査。
④ 教職員の休暇申請の承認。


問8 学校支援地域本部の設置について,正しいものを選ぶ問題。
① 国の法令はないが,教育基本法第13条を具体化する方策の一つ。
② 学校教育法で,すべての学校に設置を義務付けられている。
③ 社会教育法で、首長が指定する公立小中学校に設置できる。
④ 文部科学省設置法で、文部科学大臣の認可なしでは設置できない。

小学校外国語活動(英語活動)概論

小学校外国語活動(英語活動)概論
※著作権保護のため、実際の問題とは異なります。

問1 小学校外国語(英語)活動が必要な理由で,もっとも適当なものを選ぶ問題。
① 中学校からでは英語の文法や語彙を十分に教えることができないから。
② 英語を学ぶ総時間を増やしたほうがいいから。
③ 小学校から発音の練習をさせた方が身に付くから。
④ 小学校での体験学習が中学校以降の理論的学習に役立つから。


問2 英語学習初心者が、その場のコミュニケーションに役立つ英語で、もっとも適当なものを選ぶ問題。
① 基本的な単語。
② そのまま使える便利な表現。
③ 聞き取りができる簡単な英語。
④ 基本的な文法。


問3 指導体制として新しい学習指導要領に記載されているもの選ぶ問題。
① ALTが主体で、学級担任は補佐役。
② 地域人材が作成した指導案で、学級担任が単独で実施。
③ 学級担任を中心に、ALTや地域人材とチームティーチング。
④ 学級担任が中心で、中学校の英語の先生が常に補佐。


問4 国際理解教育における相互理解の活動で心がけたいことについて,適当でないものを選ぶ問題。
① 文法的にも正しい表現で話すこと。
② Whyの視点でものを見ること。
③ 日本と外国との違いを知ること。
④ 多様なものの見方あることに気付くこと。


問5 社会言語学的能力とはどのようなものか,もっとも適当なもの選ぶ問題。
① お互いの社会的背景を考慮して話す能力。
② 一人ひとりの意図を理解する能力。
③ 人間関係によってかわることばの使い方を理解する能力。
④ 場面にあったことばが使える能力。


問6 「英語ノート」の使用方法について,もっとも適当なもの選ぶ問題。
① 最後のページまで指導しなくてはならない。
② まったく使用しない。
③ 子どもが興味,関心を持つものだけを指導する。
④ それぞれの学校の実情にあわせて使用する。


問7 小学校外国語(英語)活動の指導上,注意すべきこととして,適当でないものを選ぶ問題。
① ジェスチャーなどの非言語のコミュニケーションの手段を工夫する。
② いろいろな子どもたちが一緒に活動に取り組むようにする。
③ ゲームに慣れてきたら児童が先生の代わりをして,他の児童の行動を促すようにする。
④ 児童が100%わかるようにしっかりと時間をかけて説明する。


問8 小学校外国語(英語)活動の指導体制作りとして,適当でないものを選ぶ問題。
① 指導者の研修や多様な指導者の採用により指導体制を充実させる。
② すべての学校が同じスタートラインに立っているわけではないので,各学校のこれまでの取り組みを基に,継続的な教育が可能な校内体制を整備する。
③ 小学校3・4年生の「総合的な学習の時間」での国際理解教育としての外国語活動は止めて,校内体制を整備することが大切。
④ 学校教育目標と「外国語活動」の教育目標との関係を整理し,英語活動の指導体制を作るとともに,その内容を保護者へ十分に説明する。

情報社会に対応した学校教育

情報社会に対応した学校教育
※著作権保護のため、実際の問題とは異なります。
※傾向と対策にも書きましたが、この科目は「ごっちゃん」科目ですので
ほとんど過去問は意味がないくらい簡単です。


問1 情報の受け取りに関して述べている次の文章について,適語を入れる問題。
  ※省略 コミュニケーションということばを知っていればできる超簡単問題。 

問2 ICT活用の位置づけに関する文章について,(  )に入る語句として正しいものを選ぶ問題。
 ※省略 学習指導要領の文章だがほんとばかばかしいほど簡単な問題。

問3 授業におけるICT活用の学習効果に関して述べた文の(  )に入る語句としてもっとも適切なものを選ぶ問題。
   ※省略 ICTということばを知っていれば正解という簡単な問題

問4 情報活用能力の内容に関して述べた文の(  )に入る語句としてもっとも適切なものを選ぶ問題。
   ※省略 へそがお茶をわかしそうなくらい簡単な問題

問5 高等学校学習指導要領で新設された普通教科「情報」の科目について, もっとも適切なものを選ぶ問題。
① 1科目で必履修教科。
② 2科目で1科目を選ぶ選択必履修教科。
③ 3科目で1科目以上を学ぶ選択必履修教科。
④ 4科目で1科目を学ぶ選択教科。


問6 「新小学校学習指導要領解説総則編」のうち,情報モラルに関する文章の( )に入る語句として正しいものを選ぶ問題。
・・・情報には( )があることを考えさせる学習活動・・・
① 単位
② 速度
③ 限界
④ 誤ったものや危険なもの


問7 「教育の情報化に関する手引」の校務の情報化の目的に関する文章の( )に入る適語を選ぶ問題。
このように校務の情報化は,( )を有効に活用してよりよい教育を実現させるためのものである。

① USBメモリ
②ICT
③セキュリティ
④情報モラル


問8 新学習指導要領のポイントとして( )に適語を選ぶ問題。
確かな学力の確立のための(  )の確保
① 必要な授業時数
② 指導教諭の数
③ 教材量
④ テスト回数

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ