FC2ブログ

冬期講習の申し込みが始まります!

あっと驚く必修科目・「教育の最新事情」と「教育政策」のリニューアルというイレギュラーに沸き立った夏期講習が終わり、気が付いたら世間は、あっという間に秋。
と思ったら、10月25日~11月22日(郵送必着11月25日)の期間で、冬期講習の受講申し込みが始まります。
受講申し込みを検討中の方にとって、まず最初の悩みは、「選択科目をどれにするか?」ということでしょう。
これまでも、受講者のみなさんの中から、「もっと早くこのブログに出会ったら、選択科目でもっと楽ができたのに・・・」という後悔の声をたくさんお聞きしています。
放送大学の免許更新講習の修了認定試験は、過去問の使い回しが基本なので、毎回、「傾向と対策」を提供するこのブログに辿り着くことが大きなメリットになります。
ところが、昨夏の、「新科目」の登場や、今夏の必修科目と「教育政策」のリニューアルなど、イレギュラーな事態に遭遇すると、管理人が推奨した選択科目で必ずしもうまくいくとは限りません。「新科目」や「リニューアル科目」には当然のことですが、過去問がなく新傾向問題が出題されるために、これを選択してしまうとメリットが生かせないからです。
リニューアルかどうかは講習が始まり、管理人がテキストをみて初めてわかります。(もちろんこのブログを知らない方にとってはリニューアルかどうかは関係ありません。最初からこのブログなしで受講し受験する方には、過去問だけでなく、科目による難易度の違いも実際に受験するまでわからないわけですので、メリットもディメリットもありません。)
今度の冬期講習で、いくつかの選択科目がリニューアルされる可能性がないとはいいきれません。
そういうことを前提にしていただいて、冬期講習の受講を予定している方々に、管理人が推奨する選択科目をお示ししたいと思います。
その場合、もちろん、選択科目を何にするかという判断基準の前提は、何といっても「自分が興味があり、その分野の専門的力量を高めたいと思う科目を選択する」ということです。
しかし中にはこの免許更新講習を「10年に一度訪れる禍」とお考えの方もいらっしゃいます。免許更新制度自体の不条理性に疑問を抱いたり、たたでさえ多忙な教育現場で打ちのめされそうになったりしておられる方々です。
また、育児・子育てで免許更新のための時間を十分割けないという方々も本当にたくさんいらっしゃいます。
そういう方々にとっての本音は、「禍」をいかに「安全に」「なるべく日常に影響を与えないように」(ぶっちゃけ言えば「楽に」)やり過ごすか、ということです。当然のことだと思います。
管理人はそういう方々の味方となってこれまでブログを続けてきました。「愛すべきチキン」をお持ちのみなさんの手助けです。

さて、前置きはさておいて、さっそく「楽して禍をやり過ごすための選択科目の選び方」に入ります。

昨夏の新科目、「学校経営とカリキュラム・マネジメント」、「外国語教育」、「幼児教育」は1年経過して今年の夏から予想通り、「全面過去問モード」に突入しましたので、選択科目にすることのハードルはかなり下がりました。逆に、「教育政策」は、今後も新傾向問題が出題されるだろうと予想されますので、選択科目としてふさわしくないかもしれません。

以下は、内容と過去問使い回し度によって、管理人が主観的に付けた現時点での選択科目の難易度ランクです。

難易度1
 「情報社会に対応した学校教育」、 「スクールカウンセリング」
難易度2 
「生徒指導と教育相談」、 「環境教育の実践」
難易度3 
なし
難易度4 
「教育政策と学校の組織的対応」、 「カリキュラム・マネジメントと学校経営」、 「幼児教育の最新事情と展望」、 「小学校外国語教育教授基礎論」

難易度ランク1、2の差はほとんどありません。
難易度ランク4では、「教育政策」は昨夏のリニューアル科目で、まだまだ新傾向問題出題が予想されること、「学校経営」と「幼児教育」は過去問モードながら内容的にややむずかしいこと、「外国語教育」は唯一テキストがない科目であること、などを考慮しました。

ということで、最初に述べた「興味や専門性」を無視した場合の、選択科目の組み合わせとしては、以下がお勧めとなります。


1.「SC」「生徒指導」「情報教育」「環境教育」
・・・・・・・(深い断層)・・・・・・・・
2.「SC」「情報教育」「生徒指導」+ランク4の科目
3.「SC」「情報教育」「環境教育」+ランク4の科目
4.「SC」「生徒指導」「環境教育」+ランク4の科目
5.「情報教育」「生徒指導」「環境教育」+ランク4の科目


以上、冬期更新講習の申込み期間に先立って、管理人からの最初のアドバイスでした。
ご参考までに。


追伸1 そうそう、土曜組(土曜日に修了認定試験を受験する方々)が良いのか、日曜組が良いのかは、もちろんそれぞれの受講生の都合にもよるわけですが、どちらにしようかと迷っている人の参考のために、次の2つの点を挙げておきます。

①このブログに集っている「日曜組」の受講生の皆さんは、土曜組の受験した様子などの情報を入手できるので、対策に役立つ可能性がある。(昨夏の必修科目がそうでした。もちろん土日の試験内容は異なりますが。)

②「新傾向問題」(過去問ではない新しい問題)は、どちらかというと日曜組の問題のほうに多い、という傾向がある。


追伸2 受験科目を選ぶときに、「どれでもいい」と思っておられる方は、試験の時間割で決めるという手もあります。試験科目と試験科目との間が長すぎて間が持たず大変という声もありますし、直前の「悪あがき」のために空き時間を有効に使おうという考え方もあります。

これらのことについては、先輩受講者の声に耳を傾けると参考になる情報をゲットすることができるかもしれません。
ブログ内にある先輩諸氏のコメントを拾ってみてください。


先輩受講生からのアドバイス

追伸3
とかなんとか言っても、迷ってしまうという方、受講にかかわる不安のある方、
メルアド付きの非公開コメントでご気軽にご相談ください。

準備ができ次第、恒例の「○○キャンペーン」をスタートさせます。
ブログにご注目を!
スポンサーサイト



「『気休め』下さい!キャンペーン」実施中!!

2019年度放送大学教員免許更新講習・冬期講習の受講申し込み期間が終了しました。
いよいよ来年の2月29日(土)・3月1日(日)の修了認定試験に向けて、険しい道程の始まりです。
冬期講習は、受講確認入力期間が、2月1日から2月18日までと、たったの18日間しかありません。それも学年末を控えた日常業務に超多忙な中での受講です。30時間の講習をこの期間に終えるだけでも指南の技と言えるでしょう。
でも、大丈夫です。このブログに辿り着いた受講生のみなさんには、過去数百人、いや数千人にも及ぶ、先輩受講生諸氏が、「効率的な受講の仕方」や無事免許更新を終えるためのノウハウを指南してくれます。
そしてこの管理人が、ほっておいても免許更新はできるけれど、チキンなのせいで不安で夜も眠れず昼寝をしてしまう、という方々のために、とっておきの「気休め」を差し上げます。

ということで「『気休め』下さい!キャンペーン」の始まりです!
昨期までは「お友だちキャンペーン」と銘打っていましたが、今期からネーミングを変えました。
これまでもそうだったようですが、受講生の皆さんの中にはせっかくブログに辿り着いても、「『お友だちキャンペーン』なんてなんか怪しい」とか「だまされてお金巻き上がられるかも・・・」という不安で、応募を躊躇したという方が少なからずいらっしゃったようです。
現代のネット社会ではこういう警戒心を持つことはとても大事なことです。ただ、「もっと早く応募しとけばよかった」という後悔の声もあることも確かです。
今期、少しでもこの「ハードル」が低くなるようにと、あれこれ思案してこの「『気休め』下さい!」になりました。なんか、そのまんまだし、「お友だち」と怪しさは大して変わらない、いやますます怪しくなった、などなど、いろいろとご意見もございましょうが、今期はこれでいきますね。
そうです、管理人は受講者のみなさんに、ただの「気休め」を差し上げているにすぎないのです。でもたかが「気休め」されど「気休め」。このブログに集うみなさんは、何事にもまじめに取り組むだけに、「更新できなかったらどうしよう」という不安や疑心暗鬼も半端ないものがあります。こうした、このブログで言うところの「愛すべきチキン」のみなさんには、何はともあれ「気休め」が必要なんですよね。
「気休め」がほしい方、一歩踏み出して、是非ご応募下さい。

夏には、あっと驚く必修科目・「教育の最新事情」と「教育政策」のリニューアルが行われ、今期もその影響がまだ残るという、なかなか苦しい状況にあります。ただ、昨夏に新設された3つの新科目(「カリマネと学校経営」・「外国語教育」・「幼児教育」)は1年経って、無事、「過去問モード」に突入しました。このブログに辿り着いた受講予定のみなさんには、昨夏までの先輩受講生よりも有利なたたかいになるのではないかと予想されます。
みなさんの先輩受講生が、この「災い」と「試練」を楽して乗りこえるヒントを残してくれています。下記をのぞいてみてください。ご自分に合った受講スタイルが見つかるかもしれません。

先輩受講生からのアドバイス

超多忙の中の短期決戦となる冬期講習。今から少しずつ準備をすれば、快適かつ楽勝に乗り切れること、間違いありません。

前置きが長くなりましたが、ここからがホントの「『気休め』下さい!キャンペーン」です。

管理人に「『気休め』下さい!」って叫んでみませんか?
叫んだ方には、管理人が不安いっぱいの教員免許更新講習と修了認定試験を乗り越えるお手伝いをさせていただきます。


叫ぶかたは
メルアド付(必須・携帯メール不可)でこの記事にコメントを返してください。タイトルはもちろん「『気休め』下さい!」
「管理人のみ閲覧可」でお願いします。

また、コメントでは必ず「選択科目」(「選択必修科目」も含む)をお知らせください。

お待ちしています。

尚、管理人は叫ばれた方すべてにお応えしています。
もし、2日以上経過しても管理人からメールが届かない場合は、以下のことを確認し、必要に応じて別のメールアドレスで再度お申し込みください。
①メールアドレスを教えてくれているか。
②メールアドレスが間違っていないか。(全角・半角の間違い多し!)
③hotmail等、うまく受信できない場合があるメルアドではないか。
④大きい容量の添付ファイルが送れない携帯メールアドレスではないか。


プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ